注目トピックス

1960年代に前衛アートの世界に 革命をもたらした4人の日本人女 性アーティスト

ジャパン・ソサエティー・ギャラリーでは、「アウト・オブ・バウンズ フルクサスと日本人女性芸術家たち」を開催している。

Yoko Ono performing Cut Piece at Carnegie Recital Hall, NYC, March 21, 1965 Photo by Minoru Niizuma © Yoko Ono

Various Artists, Fluxkit, ca. 1969. Digital Image © The Museum of Modern Art/Licensed by SCALA / Art Resource, NY

 

1960年代、ニューヨークを中心にアーティスト、作曲家、詩人のネットワークとして始まった前衛芸術運動のフルクサスにおける日本人女性アーティストの重要な役割に焦点を当てた初めての展覧会となる。同ギャラリーの全スペースを使用し、100点以上の作品を展示。本展では久保田成子さん(1937-2015年)やオノ・ヨーコさん(1933年生まれ)、斉藤陽子さん(1929年生まれ)、塩見允枝子さん(1938年生まれ)の先駆的な日本人アーティスト4人の貢献をフィーチャー。中でも1964年に上演された「CutPiece」と「Bag Piece」を含む、オノ・ヨーコさんの初期のパフォーマンスは見どころの一つ。様々なバリエーションで上演されてきた画期的な作品「Cut Piece」では、瞑想状態でステージに一人ひざまずいて、観客に衣服の一部を切り取ってもらうという参加型アートの新境地を開いた作品として今も語り継がれている。期間中は、ギャラリー内での観客参加型作品の展示やライブ・パフォーマンス、映画上映、シンポジウムなどの開催を予定している。

【期間】

2023年10月13日(金)〜2024年1月21日(日)

【入場料】

一般12ドル、シニア・学生10ドル、JS会員・16歳以下・障がい者および付添者無料

 

 

ジャパン・ソサエティー・ギャラリー

333 E. 47th St./japansociety.org

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1226

寒い日にお家で食べたい袋麺はコレだ!!

寒くて長いニューヨークの冬は温かいスープと麺でも啜りたくなる季節だ。しかし寒い時の外食は避けたいもの。そんな時は自宅で手頃に食べられて身体を温められるインスタントラーメンはいかが? 今回は知られざるインスタント麺の誕生秘話からアレンジレシピまで紹介。

Vol. 1225

これが噂のウェグマンズ

この秋ニューヨークの最大の話題といえば、先月オープンした「ウェグマンズ」のアスタープレース店をおいて他にない。人気全米一の栄誉に輝く地元密着型スーパーだが、今までネイビーヤードに店舗があっただけで、その実態がよく知られていなかった。ところが、ここにきて売り場総面積8万7000平方フィートのフルサイズ店上陸である。抜群に鮮度のよい青果類と最高級の精肉。デリカも充実。しかも店内には日本の「魚屋さん」もあるとか。徹底解剖してみる。

Vol. 1223

ラジオシティー・ミュージック・ホール魅力

ニューヨークに住んでいると一度は訪れたことがあると思われるラジオシティー・ミュージック・ホール。冬の公演、『クリスマス・スペクタキュラー』のロケッツはもちろん、長い歴史の裏側は意外と知られていない。今号では、知っているようで意外と知らない同ホールについて紹介していく。