ジャパン・ソサエティー「ファミリー・アート・デー」 親子で版画体験を通じてアートを探求

ジャパン・ソサエティーで、現在開催中(〜6月25日)の「キョウヘイ・イヌカイ」展。油彩で描かれた陰気な抽象画から、大胆な色彩と幾何学的な形からなる優雅で遊び心のあるシルクスクリーンなど、さまざまな作品を展示している。

4月16日に同展の関連プログラムとして親子で参加できるワークショップが開催された。

同展示を観覧し、数ある作品の中から子供たちが各々インスピレーションを受ける作品を選び、自らのアイデアを創造。その後アートスペースへ移動し、インストラクター指導の下、自由なデザインのスチレン版画を作成した。スチレン版画は、スチレンボード(発泡スチロールのような薄い板)で版を作る版画で、彫刻刀を使わないので小さな子供でも簡単に作成できる。

子供たちは、デザインを描き、それを基に版を作成、ローラーで色を付け、バレンで摺って紙に転写する、という版画の工程を学ぶとともに、最後に紙をはがした時の写し出された絵を見る瞬間のワクワクを味わい、版画の面白みを体感した。

今後もジャパン・ソサエティーではギャラリーにて開催される展覧会に合わせて、さまざまなアートイベントを開催していくという。またアートだけではなく、日本文化を感じられるファミリー向けイベントも定期的に開催。5月7日(日)にはファミリープログラム「こども日」と題して、兜の展示やクラフト、日本の伝統舞踊や舞台剣術に触れることができる毎年恒例の人気イベントも開催予定。詳細は下記ウェブサイトより。

ジャパン・ソサエティー
japansociety.org

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。