編集部がNYCマラソンをレポート!

松井秀喜元選手が日米野球への想いを語る

アメリカから日本へ野球が伝わり150周年を祝う記念イベントが、9日ニューヨーク市内で行われた。特別ゲストとして松井秀喜元選手や、マット・マートン元選手、日米でフリージャーナリストとして活躍中のブラッド・レフトン記者、ジョシュ・ラウィッチ野球殿堂博物館館長ら野球界の錚々たる顔ぶれが登場し、日米の野球文化や、自身の経験をもとにプロ野球と大リーグの違いなどについて討論した。

日本のプロ野球を始めヤンキースなどで大活躍した松井秀喜元選手は、日本の野球において、甲子園文化に始まり、「尊敬」や「精神論」など人間性を育てる背景がある良さ、そしてアメリカのベースボールには「楽しむ」気持ちを育てるのびのびとした自由さがあると両国の魅力について述べた。

マット・マートン氏は阪神で活躍するため日本へ越した当時、野球に限らず、日常で気になったことは全てノートに書き留め、理解するように努めたという。異国の地でどのようにして自らを成功へ導いたかを話した。

両者とも引退後は、次世代のスポーツを担う子供たちの育成に携わっており、「日本の子供には「ベースボール」、米国の子供は「野球」に触れる機会が増えるといい。互いの文化に触れ、感じ、受け入れることで両国の友好につながると思う」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。