編集部がNYCマラソンをレポート!

松井秀喜元選手が日米野球への想いを語る

アメリカから日本へ野球が伝わり150周年を祝う記念イベントが、9日ニューヨーク市内で行われた。特別ゲストとして松井秀喜元選手や、マット・マートン元選手、日米でフリージャーナリストとして活躍中のブラッド・レフトン記者、ジョシュ・ラウィッチ野球殿堂博物館館長ら野球界の錚々たる顔ぶれが登場し、日米の野球文化や、自身の経験をもとにプロ野球と大リーグの違いなどについて討論した。

日本のプロ野球を始めヤンキースなどで大活躍した松井秀喜元選手は、日本の野球において、甲子園文化に始まり、「尊敬」や「精神論」など人間性を育てる背景がある良さ、そしてアメリカのベースボールには「楽しむ」気持ちを育てるのびのびとした自由さがあると両国の魅力について述べた。

マット・マートン氏は阪神で活躍するため日本へ越した当時、野球に限らず、日常で気になったことは全てノートに書き留め、理解するように努めたという。異国の地でどのようにして自らを成功へ導いたかを話した。

両者とも引退後は、次世代のスポーツを担う子供たちの育成に携わっており、「日本の子供には「ベースボール」、米国の子供は「野球」に触れる機会が増えるといい。互いの文化に触れ、感じ、受け入れることで両国の友好につながると思う」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。