編集部がNYCマラソンをレポート!

松井秀喜元選手が日米野球への想いを語る

アメリカから日本へ野球が伝わり150周年を祝う記念イベントが、9日ニューヨーク市内で行われた。特別ゲストとして松井秀喜元選手や、マット・マートン元選手、日米でフリージャーナリストとして活躍中のブラッド・レフトン記者、ジョシュ・ラウィッチ野球殿堂博物館館長ら野球界の錚々たる顔ぶれが登場し、日米の野球文化や、自身の経験をもとにプロ野球と大リーグの違いなどについて討論した。

日本のプロ野球を始めヤンキースなどで大活躍した松井秀喜元選手は、日本の野球において、甲子園文化に始まり、「尊敬」や「精神論」など人間性を育てる背景がある良さ、そしてアメリカのベースボールには「楽しむ」気持ちを育てるのびのびとした自由さがあると両国の魅力について述べた。

マット・マートン氏は阪神で活躍するため日本へ越した当時、野球に限らず、日常で気になったことは全てノートに書き留め、理解するように努めたという。異国の地でどのようにして自らを成功へ導いたかを話した。

両者とも引退後は、次世代のスポーツを担う子供たちの育成に携わっており、「日本の子供には「ベースボール」、米国の子供は「野球」に触れる機会が増えるといい。互いの文化に触れ、感じ、受け入れることで両国の友好につながると思う」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。