編集部がNYCマラソンをレポート!

5万人のランナーが走り抜いたニューヨーク

11月6日(日)に開催され無事終了した第51回TCSニューヨークシティマラソン(以下NYCマラソン)。今年は例年よりも異様に暖かく、摂氏20度超えという気温で5万人のランナーたちは汗をかきながらゴールを目指した。今回の大会はコロナの規制が緩和され完全な形での3年ぶりの開催となったということもあり、歩道で応援する人々を始めバンドやドラム演奏なども各所にあり、多いに盛り上がりを見せた。

優勝者は、女性部門はケニアのシャロン・ロケディ選手、男性部門ではケニアのエヴァンス・チェベト選手と、男女共にケニア勢が総なめとなった。今年の2月に現役復帰した日本の大迫傑選手は5位、そして鎧坂哲哉選手が6位に入った。ランナーを応援する友人や家族らは、予め応援する場所を2、3箇所決め、公式アプリでランナーの走行位置を確認しながら、計画的に地下鉄で移動し声援を送り続けていた。多くの人が「ユー・ゴット・ディス!(あなたならできる!)」と叫びランナーらを鼓舞。必死に走るランナーたち、そして力強い声援を送る人々の熱気が街全体を包み感動的な週末となった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!