<5/13~5/19>NYジャピオン厳選 WEEKLY CALENDAR

NYジャピオン厳選! 5/13▶5/19

【映画】
13日(金)公開

Firestarter

【出演者】 ザック・エフロン、ライアン・キエラ・アームストロング
【ジャンル】ホラー/SF(R)

スティーブン・キングの同名小説が原作の1984年公開の映画「炎の少女チャーリー」のリブート版。火を発生させる超能力を持つ少女の謎に迫る(firestartermovie.com)


13日(金)公開

Family Camp

【出演者】トミー・ウッダード、エディー・ジェームズ
【ジャンル】コメディー/家族(PG)

全く正反対の2家族が一緒にキャンプに行く羽目に。父親たちがキャンプトロフィー獲得を競い、家族や結婚を維持するために奮闘する(familycampmovie.com)


【音楽】
14日(土)

New Jersey Symphony: Star Wars: a New Hope in Concert

Prudential Hall, NJPAC
(1 Center St., Newark, NJ / njpac.org)
1977年の伝説のスペースオペラ映画を、アカデミー賞受賞作曲家のサントラの生演奏と共に鑑賞($35〜)


14日(土)、15日(日)

Interpol with TYCHO and special guest Matthew Dear

Kings Theatre (1027 Flatbush Ave., Brooklyn / kingstheatre.com)
4年ぶり通算7枚目のアルバムリリースを7月に控えた、ニューヨーク出身のロックバンドが公演($40〜)


17日(火)

Haim: One More HAIM Tour

Madison Square Garden
(4 Pennsylvania Plaza / haimtheband.com)
カリフォルニア出身の3姉妹ポップロックバンドが、ノスタルジックで上質なサウンドを聴かせる($65〜)


【イベント】
14日(土)、15日(日)

Ninth Avenue International Food Festival

9th Ave. (bet. 42nd & 57th Sts.)(ninthavenuefoodfestival.com)
ヘルズキッチン地区に世界のおいしい料理が集まる!ダンスなどのパフォーマンスも開催(入場無料)


〜29日(日)

The Visionary Universe of Star Trek: Strange New Worlds

The Paley Center in New York
(25 W. 52 St. / paleycenter.org)
1966年から続くSFシリーズ最新作の世界を、衣装や小道具の展示、特別上映会などで体験(大人$20)


【アート】
18日(水)〜22日(日)

Frieze New York

The Shed (545 W. 30th St. / frieze.com)
世界中から65以上のギャラリーが集まるフェアで、春のコンテンポラリーアートを鑑賞する(一般$70〜)


〜6月5日(日)

László Moholy-Nagy

Fotografiska New York
(281 Park Ave., South / fotografiska.com)
ハンガリー出身の多才アーティストの写真と映像作品を紹介する、全米初となる世界巡回展(大人$26)


〜6月5日(日)

Charles Ray: Figure Ground

The Metropolitan Museum of Art
(1000 5th Ave. / metmuseum.org)
ミッドセンチュリーデザインを代表するアーティストの彫刻と写真作品に焦点を当てた展覧会(一般$25)


【舞台】
16日(月)、20(金)、24(火)、27日(金)

La Bohème

The Metropolitan Opera
(30 Lincoln Center Plaza / metopera.org)
フランコ・ゼフィレッリ演出作品40周年を記念して、3人のソプラノが悲劇のヒロインを演じる($37〜)


13日(金)〜6月9日(木)

Hamlet

The Metropolitan Opera
(30 Lincoln Center Plaza / metopera.org)
シェークスピアの不朽の名作が現代によみがえる!2017年に世界初公演された新作を上演($30〜)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。