今週の注目 トピックス

ニューヨーク初となる「ジャパンパレード」に向けた プレイベントが大使公邸で開催

14日(土)にニューヨークで初開催される「ジャパンパレード」に先駆け、先月27日(水)に在ニューヨーク日本国総領事館・大使公邸にてプレス向けのプレイベントが行われた。

記者会見では、森美樹夫在ニューヨーク総領事大使、ジャパン・デー・インク代表の上田淳氏、実行委員会事務局のゴージャスエンターテインメント代表の吉井久美子氏が登壇しパレードの概要を説明した。

左から、ゴージャスエンターテインメント代表の吉井久美子氏、ジャパン・デー・インク代表の上田淳氏、森美樹夫在ニューヨーク総領事大使

もともと2020年に開催を予定していた同パレードは、当初東京五輪2020をテーマに掲げていたが、コロナ禍により延期を余儀なくされた。その間に巻き起こったアジアンヘイトなどの社会問題を考慮し、今回のテーマにはニューヨークの多様性を祝う「リスタート」を掲げる。

今年は、岩倉具視率いる使節団が米国に訪問してから150周年となる節目の年。日米交流のさらなる促進と日系コミュニティーの強化を図りつつ、ニューヨークに感謝の意を表することを目的にパレードは行われる。森大使は「当地では世界各国の民族が自国のパレードを行っている。日本の文化やアイデンティティーを確立する上でもパレード開催には大きな意味があり、日系人を含む日本人をまとまった形でアピールできるチャンスだ」とコメントした。

パレードはセントラル・パーク・ウェストを81丁目から69丁目まで南下する。ゴール地点にてジャパン・ストリート・フェアも催される

当日はセントラル・パーク・ウェストを81丁目から69丁目まで南下する。80以上の日系コミュニティーがパレードに参加し、みこし、太鼓、ダンス、武道、日本をテーマにしたファッション、音楽など伝統的な文化に加え、コンテンポラリーな日本の魅力をニューヨーカーに発信する。また、パレードと並行して、69丁目のセントラル・パーク・ウェストとコロンバスアベニューの間で、フードテントを含むジャパン・ストリート・フェアも開催される。オープニングセレモニーは14日午後12時30分から(70丁目付近)。

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。