今週の注目 トピックス

大戸屋チェルシー店 オープン10周年を記念した「大戸屋ありがとう御膳」を販売

大戸屋チェルシー店では24日(日)まで、開店10周年を記念し「大戸屋ありがとう御膳($59)」を販売している。日本酒フライトや焼酎カクテルなどのドリンク特価キャンペーンも開催中だ。

米国大戸屋社長の吉元氏。大戸屋チェルシー店にて

米国大戸屋社長の吉元氏は「コロナ禍で大変な時期もあったけど、何とか乗り越えることができました。NYで10年間続けてこれたのはお客さまと従業員のおかげです」と感謝の言葉を述べる。パンデミックの影響で街がロックダウンし、大戸屋も他店と同様に大きな打撃を受けた。しかし吉元氏はこの時期を「大戸屋のあるべき姿とはどういったものか」や、「ニューヨークで何を提供する必要があるのか」について考え直す良い機会になったと話す。「一つ一つの食材にこだわりを持っていることをきちんと伝えれば、必ずお客さまが戻ってきてくれる」。そういったことを、コロナ禍を通じて改めて実感したという。

期間限定の「大戸屋ありがとう御膳」は人気メニューを詰め込んだぜいたくな御膳だ。和州牛のすき焼きやウナギを使ったちらしご飯をはじめ、刺身や焼き魚、トンカツなど盛りだくさんである。注目は日本から特別空輸された静岡産クラウンメロン。輸送費だけでも相当なコストが掛かるそうだが、日本のおいしい食材を味わってほしいという大戸屋の強い思いが伺える。

人気メニューが詰め込まれた「大戸屋ありがとう御膳」

5月にはタイムズスクエア店におにぎりコーナーを設置し、昨年開催したポップアップで好評だったウナギやすき焼き、サバを使ったおにぎりなど、レストランならでは、大戸屋ならではのメニューを展開していくとのこと。またオフィスに通勤する人が増えている状況を踏まえ、企業へのデリバリーサービスを強化しているという。ニュージャージーといった遠方にも配達するそうだ。他にも新たな展開が控えているとのことなので、今後の大戸屋に注目したい。

大戸屋チェルシー店
8 W. 18th St.
TEL: 212-255-0018
ootoya.us

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。