【4月10日までアメリカSIMが$1】アメリカや一時帰国で使う携帯・SIMをお探しですか?

アメリカで使うスマートフォンの準備はお済みでしょうか? 日本人のためのアメリカ携帯電話サービス「HanaCell(ハナセル)」は、公式ウェブサイトから手軽にお申込みいただけ、日本とアメリカに送料無料でお届け。渡米前に日本でアメリカのスマホの準備をすることもできます。

 

月$9.99からあなたの用途に合わせて選べる5種類の料金プランをご用意しています。ご加入からお問い合わせ、ご解約まで、すべて日本語なので、英語に不安がある方も安心。利用期間の縛りが無く、いつでも無料でご解約いただけます。

ハナセル15周年記念・春の新生活キャンペーン

ハナセルは今年で15周年を迎えました。これを記念したキャンペーンの第一弾として、2022年3月10日〜4月10日の期間、アメリカSIMカードを$1で販売する春の新生活キャンペーンを実施中です。

 

送料無料でお届けし、契約手数料も無料です。キャンペーン期間中にお申込みいただくと、初期費用$1でハナセルのアメリカ携帯プランにご加入いただけます。

春の新生活の準備に、この機会をお見逃しなく!

アメリカSIMの詳細・お申込みはこちら

 

日本一時帰国中に使うスマホ、どうしてますか?

ハナセルの2つ目のサービス「ジャパンSIMカード」があれば、一時帰国中のスマートフォン利用が快適に。日本に到着後、スマホにジャパンSIMカードを差し込めば、データや通話が使えます。日本の携帯電話番号で音声通話ができるので、滞在中の予約やお友だちとの待ち合わせにとっても便利!

 

使わない月は料金がゼロで、維持費は年間$8のみ(初年度無料)。一度購入すれば、次の一時帰国でも同じSIMカードと電話番号が使えます。

 

ジャパンSIMカードは、ハナセルの公式ウェブサイトからお申込みいただき、日本到着後に空港でお受け取りいただくか、アメリカのお住いの住所にお届けします。どちらも手数料・送料は無料です。

 

一時帰国SIM「ジャパンSIMカード」の詳細・お申込みはこちら

 

ハナセルを使うだけでアフリカを支援できる!

ハナセルの運営会社は、アフリカのマラウイという国で人々が自立した生活を送ることをサポートする支援活動を行っています。マラウイは2017年の1人当たりの名目GDPが世界でワースト3という非常に貧しい国で、食料不足や教育の質の低さ、雇用機会の不足など多数の問題を抱えています。

 

現地に学校や職業訓練センターを作るなど様々な活動を行っていますが、現在では特に給食支援活動に力を入れています。小学校の卒業率がわずか35%というマラウイで給食を提供することは、子どもたちの空腹を満たすだけでなく、学校へ通い、教育を受けるきっかけを作ることにもなります。

 

ハナセルの利益の大部分は、これらのアフリカでの活動に使われて。世界から貧困を無くす活動をさらに広げていくためにも、これからも皆さまにご満足いただけるサービスの提供に努めてまいります。

 

アメリカ携帯ハナセルの公式ウェブサイトはこちら!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。