令和3年度外務大臣表彰式開催 ニューヨーク日系人会事務局長 野田美知代さんが受賞

令和3年度外務大臣表彰式開催 

ニューヨーク日系人会事務局長 野田美知代さんが受賞

外務大臣表彰される野田さん(左)、山野内勘二在ニューヨーク総領事大使(右)

在ニューヨーク日本国総領事館・大使公邸にて1月27日(木)、ニューヨーク日系人会(JAA)事務局長の野田美知代さんに対する、令和3度外務大臣表彰式が行われた。野田さんの家族やスタッフ、ボランティアを含め約40人もの人々が出席し、終始和やかな雰囲気で式が執り行われた。

外務大臣表彰は、諸外国との友好親善関係の増進に貢献する人の中で、特に顕著な功績のあった個人および団体の功績を称え、活動に対する一層の理解と支持を得ることを目的としている。

野田さんはJAA事務局に勤続して今年で35年目となり、同会の各種行事を通じてニューヨーク近郊に住む在留邦人や日系人の福祉向上、教育や文化活動の促進に尽力し、日米友好親善に貢献した。

1980年代、同会の活動範囲は限定的だったが、野田さんの尽力により飛躍的に拡大。小規模な敬老会が1、2カ月に1度開催される程度だったのが、90年代半ばからは福祉に重点が置かれ、医療・福祉の専門家による相談室が定期的に開催されるようになった。

2005年には、在ニューヨーク日本国総領事館との協力の下、高齢者問題協議会を設立することにも尽力。在留邦人や日系人の声に熱心に耳を傾け、2007年にはJAA創立100周年記念行事の一環として、秋のシニアウイークを開催。春のサクラ・ヘルス・フェアと共に、各種行事や支援活動を行った。コロナ禍では、高齢者やフロントワーカーへの日本食弁当配達の実施に中心的役割を果たした。

表彰を受けて野田さんは「これまでずっと、同じコミュニティーの人々を助けたいという気持ちでやってきました。これからも『助け合って100年』をモットーに頑張っていきたいと思います」と話した。

野田美知代さん

大阪赤十字病院看護師フロアマネージャー、マンハッタン子供クラブ代表を経て、ニューヨーク日系人会事務局に勤務。2002年より、同会事務局長を務める

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。