親の介護問題を遠隔でサポート 米国在住邦人向けサービス開始

一般社団法人ハースは、米国在住日本人向けのサービス「サロン・ド・ハース」を開始した。

同サービスでは、野村不動産パートナーズや専門企業と提携し、日本で離れて暮らす親の介護や相続、実家の処分など、不動産関連の総合サポートを提供。老人ホーム探し、介護資金、保険、自宅リフォーム、在宅介護などの問題を、米国にいながら専門家に相談、依頼ができる。

アメリカの受付窓口はNPO法人愛絆(あずな)サービスセンターが行う。個別相談は無料。問い合わせは下記Eメールアドレスまで。

TEL: 858-380-5899/info@azunaservicecenter.org

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。