<8月20日~9月2日>第15回「JAPAN CUTS~ジャパン・カッツ~」を開催

ジャパン・ソサエティー(JS)は20日(金)から9月2日(木)まで、第15回「JAPAN CUTS~ジャパン・カッツ~」を開催する。

北米最大の日本映画祭となる同イベントは、今年は対面式とオンライン配信のハイブリッド形式で上映。26本の長編作品と12本の短編作品のうち、8本はJS劇場内の大スクリーンで14回にわたり上映する。

劇場上映のチケットは一般15ドル。オンライン上映のオール・アクセス・パスは69ドル(限定)、各映画の視聴は1〜10ドル。詳細・申し込みは下記ウェブサイトまで。

© 2020 “It’s a Summer Film!” Production Committee

 

japansociety.org

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。