<5月30日まで>オンライン展覧会「Up-cycling Detritus」に出展中

ニューヨーク在住のアーティストの中島健一さんが、30日(日)まで開催中のオンライン展覧会「Up-cycling Detritus」に出展している。

同展は、非営利団体Sculptors Allianceが主催する彫刻作品をメインにしたグループ展で、アーティスト44人が出展。地球環境を破壊から救うために、アートの力で何ができるかをテーマにしている。下記のウェブサイトから閲覧できる。鑑賞無料。

キュレーターはニューヨーク市のアーティスト・トーク・オン・アート元事務局長のバニタ・ネメクさん。中島さんは宮城県出身。彫刻、絵画、パーフォーマンスアートなどの分野で活動を続けている。

sculptorsalliance.org

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。