<3月14日まで> 東北の味が詰まった弁当 全米へ期間限定で配送

在ナッシュビル日本国総領事館は、ロサンゼルスにある全農アメリカおよび日本食ケータリング会社と協力して、期間限定の「お弁当プロジェクト」を発足。3月14日(日)まで、全米で冷凍配送を行っている。

東日本大震災から10周年を記念して、東北産の和牛・サーモン・米を使用。ラインアップの一例は、「岩手県産和牛しぐれ煮重」「宮城県産サーモンそぼろ重」など(6個1セット)。アラスカ州・ハワイ州を除く全米に、FedExにて配送する。

担当者は、「日米間の友好関係の印として、このプロジェクトが東北地方の復興の一助となることを願っております」と話している。詳細・問い合わせは以下ウェブサイトを参照。

jbentobox.com

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1218

お洒落を楽しむ秋 ニューヨークのメンズファッション

秋の気配が漂ってきた今日この頃、ワードローブも夏物から秋物へと入れ替える時期。本号ではニューヨークのメンズファッション情報を紹介。季節の変わり目のお買い物に役に立つトレンドや最旬メンズブランドをチェックしよう。

Vol. 1217

紅茶をめぐる冒険

初秋の訪れとともに飲みたくなるのがポットで淹れた紅茶。茶葉やブレンドによって異なる香りと味は、私たちをくつろぎと恍惚の世界に誘い、またある時は懐かしい記憶を辿る道標にもなってくれる。極上の一杯を求めて、ニューヨーク紅茶めぐりの旅、はじまりはじまり。

Vol. 1216

進化し続けるトイレの世界

日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴といえるトイレ。高品質なだけでなく、利便性の面でも多種多様な機能を備え進化し続ける日本のトイレ製品。日米のトイレ事情の違いなど、今号ではさまざまな角度からトイレについて学んでみよう。

Vol. 1215

今気になるヘアサロン&大人の男が通う新・バーバー

コロナ禍で指名のスタイリストが帰国したり、お店がクローズしたりと何かとアップデートが必要になるヘアサロン事情。髪質やニュアンスの違いを理解してくれるのはやっぱり日系のサロンという人も多いだろう。髪の悩みやイメージチェンジなど、顧客のさまざまなリクエストに応えてくれるヘアサロンを特集。