東日本大震災から10年 福島県への祈りをオンラインで

3月6日(土)午後8時〜9時、YouTubeライブにて、「TOGETHER FOR 3.11 第10回東日本大震災オンライン追悼式典」が開催される。鑑賞無料。主催は「Fellowship For Japan」。

 同式典は、東日本大震災の追悼として毎年3月にマンハッタンで開催されているもの。新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して、今年はオンラインでの開催となる。

2019年はマンハッタンの教会にて開催。昨年の式典は、新型コロナの影響で急きょ中止となった

 当日は、東北からのメッセージ(ダイジェスト版)、風の環少年少女合唱団による合唱の他、福島県内で被災した幼稚園や旅館など、地元企業・団体からのビデオスピーチを紹介予定。また、毎年恒例の「ふるさと」合唱の時間も設ける。当日の開催場所のリンクは後日公表される。その他の詳細は下記Facebookページを参照。

 主催団体は、震災発生時にニューヨークで設立された複数の支援団体のリーダーらが中心となって結成。今回の開催に寄せて、「離れていても心を込めて追悼の祈りを捧げましょう。そして被災された全ての人たちに、『ニューヨークは忘れていないよ、あなたのことを思っています』、そのメッセージを送り続けたいと願っています」と話している。

facebook: TOGETHERFOR311

式典では毎年、被災した人々からの体験談やメッセージを紹介する(写真は2019年)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。