<2月12日まで> テロ・感染症対策について専門家が講演 在外安全対策ウェブセミナー配信中

外務省は12日(金)午前12時(米国東海岸時間)まで、米国在住の日本人を対象とした在外安全対策ウェブセミナーを、同省ウェブサイトでストリーミング配信している。

昨今、在米邦人がテロをはじめとする凶悪な事件や一般犯罪、社会運動などの危機に遭遇する危険性が高まっており、さらに現在は各国の入国制限措置や帰国に際する検疫措置の強化など、海外リスクに対する意識を抜本的に見直す必要性が求められている。

同ウェビナーでは、テロ・誘拐・感染症対策などで豊富な経験を有する危機管理専門家らが、海外リスクに応じた安全対策や、コロナ禍のアメリカの治安情勢、医療情報について講演する。配信期間内であればいつでも、何度でも視聴することが可能。登録・視聴は無料。

anzen.mofa.go.jp/c_info/zaigai_safety_seminar.html

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。