「コロナ危機とニューヨーク〜クオモ州知事111日の闘い」(日経BP出版)を発売

日本経済新聞の米州編集総局編集部長で、ジャーナリストの瀬能繁さんが11月、著書「コロナ危機とニューヨーク〜クオモ州知事111日の闘い」(日経BP出版)を発売した。

瀬能さんは1993年に入社し、2019年10月からニューヨークの同局に勤めている。同書ではコロナ危機の推移や、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事の対応などを独自に検証。「歴史を刻もうと思い、週末を使って書き上げました」と瀬能さんは語っている。紀伊國屋USAのオンラインサイトにて取り扱い中。

 

 

united-states.kinokuniya.com/bw/9784532358709

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!