<12月9日>オンラインで 狂言師の野村萬斎さんを配信

ジャパン・ソサエティーは12月9日(水)より、狂言師の野村萬斎さんが演出・出演する古典狂言「清水」と新作狂言「鏡冠者」をYouTubeで配信する。いずれも、野村さんが新収録した解説付き。無料、要事前登録。初日はチャット欄を活用したウォッチパーティーを同時開催する。
また12日(土)午後9時からは、野村さんとのQ&Aセッションを生配信する。

今回の2作は、使用人の太郎冠者が主人公で、いずれも野村さんが演じる。主人とのやりとりを描く定番演目「清水」では、重要無形文化財総合指定者の石田幸雄さんが主人を演じる。「鏡冠者」は2000年初演で、作家・いとうせいこうさんが脚本を担当。

野村家はジャパン・ソサエティーとこれまでに9回のニューヨーク公演を経験。今年12月にも3公演を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン配信になった。

野村萬斎さんは、父・野村万作さんと共に、これまでにもニューヨークで公演を行っている

 

世田谷パブリックシアターで公演された「鏡冠者」より(撮影=政川慎治)

 

japansociety.org

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!