<29日まで>屋外写真展「フォトビル」は阪口悠さんの作品を展示

屋外写真展「フォトビル」は、29日(日)まで、ブルックリン・ブリッジ・パーク・ピア1で、写真家の阪口悠(はるか)さんの作品を展示している。「Asian Americans on Race and The Pandemic」と題し、パンデミック時に人種差別の経験をした10人のアジア系アメリカ人を取材。「ブラック・ライブズ・マター」の抗議運動によって、その視点がどのように形成されたかを記録した。無料。坂口さんは大阪生まれの米国育ち。文化的アイデンティティーと場所に対する特別な思いに焦点を当てたドキュメンタリー作品を、ニューヨークタイムズ、ナショナルジオグラフィック、TIMEなどに発表している。

2 Furman St., Brooklyn, NY 11201

photoville.nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1089

風水&手相2021年の運気アップ!

暗くつらい日々が続くなら、自分なりに運命を知り、切り開くのも大切な考えだ。風水と手相の先生に、新しい自分に出会うためティップを教えてもらおう! 

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?