<29日まで>屋外写真展「フォトビル」は阪口悠さんの作品を展示

屋外写真展「フォトビル」は、29日(日)まで、ブルックリン・ブリッジ・パーク・ピア1で、写真家の阪口悠(はるか)さんの作品を展示している。「Asian Americans on Race and The Pandemic」と題し、パンデミック時に人種差別の経験をした10人のアジア系アメリカ人を取材。「ブラック・ライブズ・マター」の抗議運動によって、その視点がどのように形成されたかを記録した。無料。坂口さんは大阪生まれの米国育ち。文化的アイデンティティーと場所に対する特別な思いに焦点を当てたドキュメンタリー作品を、ニューヨークタイムズ、ナショナルジオグラフィック、TIMEなどに発表している。

2 Furman St., Brooklyn, NY 11201

photoville.nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。