<29日まで>屋外写真展「フォトビル」は阪口悠さんの作品を展示

屋外写真展「フォトビル」は、29日(日)まで、ブルックリン・ブリッジ・パーク・ピア1で、写真家の阪口悠(はるか)さんの作品を展示している。「Asian Americans on Race and The Pandemic」と題し、パンデミック時に人種差別の経験をした10人のアジア系アメリカ人を取材。「ブラック・ライブズ・マター」の抗議運動によって、その視点がどのように形成されたかを記録した。無料。坂口さんは大阪生まれの米国育ち。文化的アイデンティティーと場所に対する特別な思いに焦点を当てたドキュメンタリー作品を、ニューヨークタイムズ、ナショナルジオグラフィック、TIMEなどに発表している。

2 Furman St., Brooklyn, NY 11201

photoville.nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。