偏見行為&憎悪犯罪を知る、NYC市の日本語オンラインイベント

ニューヨーク市は、6月4日(木)午後3時半〜、「偏見行為&憎悪犯罪の報告に関する、日本語でのタウンホールイベント」をオンライン開催する(参加無料)。

ニューヨーク市警察、クイーンズ地区検事局、ブルックリン地区検事局、ブロンクス地区検事局、マンハッタン地区検事局、スタテンアイ ランド地区検事局のそれぞれからスピーカーが参加予定。在ニューヨーク日本国総領事館やジャパン・ソサエティーなどがパートナー団体として参加する。

通訳者またはその他に何か手配が必要な場合は、6月2日までに、crb@cchr.nyc.gov までメールすること。

【問い合わせ】
https://bit.ly/JapaneseTownHall
TEL: 646-992-2010
ミーティング ID: 717 022 672

<掲載: 6月1日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。