市内11キロメートルの道路を歩行者に開放 ニューヨーク市

1日付のPATCHによると、ニューヨーク市内の合計約11キロメートルにおよぶ道路が、5月1日から歩行者と自転車専用に開放された。

市内の6カ所の市営公園内の道路およそ7.25キロメートルと、7カ所の公園に隣接する道路およそ4.3キロメートルの区域で、午前8時〜午後8時の車両の通行が禁止された。これはビル・デブラシオ市長が表明した、市内約160キロメートルの道路を歩行者用に開放する「オープン・ストリーツ」計画の下。

「この交通規制によって、家族連れはとても快適に過ごせるだろう」と同市長は話した。

園内道路を閉鎖したのは以下の公園。

・フォート・トライオンパーク(マンハッタン区)
・カラハン=ケリーパーク(ブルックリン区)
・グラントパーク(ブロンクス区)
・シルバーレイクパーク(スタテンアイランド区)
・フラッシング・メドウ・パーク(クイーンズ区)
・フォレストパーク(クイーンズ区)

以下は近隣の車両の通行が禁止されるエリア。

・ウィリアムズブリッジ・オーバル(ブルックリン区)
・コートスクエア(クイーンズ区)
・カール・シュルツ・パーク(マンハッタン区)
・ハイブリッジ・パーク(マンハッタン区)
・プロスペクト・パーク(ブルックリン区)
・ステープルトン・ウオーターフロント・パーク(スタテンアイランド区)
・Lt. ウィリアム・タイ・トライアングル(マンハッタン区)

ニューヨーク市運輸局(DOT)のポリー・トロッテンバーグ弁務官によると、バリケードと標識で運転手に道路の閉鎖を知らせている。閉鎖はDOT、FDNY、NYPDおよびローカルコミュニティー団体を介して実施されるという。

なお閉鎖時間中も、デリバリー業者や政府関係の車両は、時速5マイルで通行できる場合がある。

政府関係者らは、マンハッタン西側の16ストリートを開放することと、ユニオンスクエアからセントラルパークまでのブロードウェーを開放することも提案している。

(5月4日)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。