市内11キロメートルの道路を歩行者に開放 ニューヨーク市

1日付のPATCHによると、ニューヨーク市内の合計約11キロメートルにおよぶ道路が、5月1日から歩行者と自転車専用に開放された。

市内の6カ所の市営公園内の道路およそ7.25キロメートルと、7カ所の公園に隣接する道路およそ4.3キロメートルの区域で、午前8時〜午後8時の車両の通行が禁止された。これはビル・デブラシオ市長が表明した、市内約160キロメートルの道路を歩行者用に開放する「オープン・ストリーツ」計画の下。

「この交通規制によって、家族連れはとても快適に過ごせるだろう」と同市長は話した。

園内道路を閉鎖したのは以下の公園。

・フォート・トライオンパーク(マンハッタン区)
・カラハン=ケリーパーク(ブルックリン区)
・グラントパーク(ブロンクス区)
・シルバーレイクパーク(スタテンアイランド区)
・フラッシング・メドウ・パーク(クイーンズ区)
・フォレストパーク(クイーンズ区)

以下は近隣の車両の通行が禁止されるエリア。

・ウィリアムズブリッジ・オーバル(ブルックリン区)
・コートスクエア(クイーンズ区)
・カール・シュルツ・パーク(マンハッタン区)
・ハイブリッジ・パーク(マンハッタン区)
・プロスペクト・パーク(ブルックリン区)
・ステープルトン・ウオーターフロント・パーク(スタテンアイランド区)
・Lt. ウィリアム・タイ・トライアングル(マンハッタン区)

ニューヨーク市運輸局(DOT)のポリー・トロッテンバーグ弁務官によると、バリケードと標識で運転手に道路の閉鎖を知らせている。閉鎖はDOT、FDNY、NYPDおよびローカルコミュニティー団体を介して実施されるという。

なお閉鎖時間中も、デリバリー業者や政府関係の車両は、時速5マイルで通行できる場合がある。

政府関係者らは、マンハッタン西側の16ストリートを開放することと、ユニオンスクエアからセントラルパークまでのブロードウェーを開放することも提案している。

(5月4日)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!