市内11キロメートルの道路を歩行者に開放 ニューヨーク市

1日付のPATCHによると、ニューヨーク市内の合計約11キロメートルにおよぶ道路が、5月1日から歩行者と自転車専用に開放された。

市内の6カ所の市営公園内の道路およそ7.25キロメートルと、7カ所の公園に隣接する道路およそ4.3キロメートルの区域で、午前8時〜午後8時の車両の通行が禁止された。これはビル・デブラシオ市長が表明した、市内約160キロメートルの道路を歩行者用に開放する「オープン・ストリーツ」計画の下。

「この交通規制によって、家族連れはとても快適に過ごせるだろう」と同市長は話した。

園内道路を閉鎖したのは以下の公園。

・フォート・トライオンパーク(マンハッタン区)
・カラハン=ケリーパーク(ブルックリン区)
・グラントパーク(ブロンクス区)
・シルバーレイクパーク(スタテンアイランド区)
・フラッシング・メドウ・パーク(クイーンズ区)
・フォレストパーク(クイーンズ区)

以下は近隣の車両の通行が禁止されるエリア。

・ウィリアムズブリッジ・オーバル(ブルックリン区)
・コートスクエア(クイーンズ区)
・カール・シュルツ・パーク(マンハッタン区)
・ハイブリッジ・パーク(マンハッタン区)
・プロスペクト・パーク(ブルックリン区)
・ステープルトン・ウオーターフロント・パーク(スタテンアイランド区)
・Lt. ウィリアム・タイ・トライアングル(マンハッタン区)

ニューヨーク市運輸局(DOT)のポリー・トロッテンバーグ弁務官によると、バリケードと標識で運転手に道路の閉鎖を知らせている。閉鎖はDOT、FDNY、NYPDおよびローカルコミュニティー団体を介して実施されるという。

なお閉鎖時間中も、デリバリー業者や政府関係の車両は、時速5マイルで通行できる場合がある。

政府関係者らは、マンハッタン西側の16ストリートを開放することと、ユニオンスクエアからセントラルパークまでのブロードウェーを開放することも提案している。

(5月4日)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。