市内11キロメートルの道路を歩行者に開放 ニューヨーク市

1日付のPATCHによると、ニューヨーク市内の合計約11キロメートルにおよぶ道路が、5月1日から歩行者と自転車専用に開放された。

市内の6カ所の市営公園内の道路およそ7.25キロメートルと、7カ所の公園に隣接する道路およそ4.3キロメートルの区域で、午前8時〜午後8時の車両の通行が禁止された。これはビル・デブラシオ市長が表明した、市内約160キロメートルの道路を歩行者用に開放する「オープン・ストリーツ」計画の下。

「この交通規制によって、家族連れはとても快適に過ごせるだろう」と同市長は話した。

園内道路を閉鎖したのは以下の公園。

・フォート・トライオンパーク(マンハッタン区)
・カラハン=ケリーパーク(ブルックリン区)
・グラントパーク(ブロンクス区)
・シルバーレイクパーク(スタテンアイランド区)
・フラッシング・メドウ・パーク(クイーンズ区)
・フォレストパーク(クイーンズ区)

以下は近隣の車両の通行が禁止されるエリア。

・ウィリアムズブリッジ・オーバル(ブルックリン区)
・コートスクエア(クイーンズ区)
・カール・シュルツ・パーク(マンハッタン区)
・ハイブリッジ・パーク(マンハッタン区)
・プロスペクト・パーク(ブルックリン区)
・ステープルトン・ウオーターフロント・パーク(スタテンアイランド区)
・Lt. ウィリアム・タイ・トライアングル(マンハッタン区)

ニューヨーク市運輸局(DOT)のポリー・トロッテンバーグ弁務官によると、バリケードと標識で運転手に道路の閉鎖を知らせている。閉鎖はDOT、FDNY、NYPDおよびローカルコミュニティー団体を介して実施されるという。

なお閉鎖時間中も、デリバリー業者や政府関係の車両は、時速5マイルで通行できる場合がある。

政府関係者らは、マンハッタン西側の16ストリートを開放することと、ユニオンスクエアからセントラルパークまでのブロードウェーを開放することも提案している。

(5月4日)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。