記事広告

2024年、日本最強の競走馬とは?人気の競走馬やオッズを紹介

日本の競馬界は、現在再び熱狂の渦に包まれています。新たな才能が開花し、歴史にその名を刻む競走馬たちが次々と現れ、ファンや専門家たちを驚かせています。

特に注目されているのは、その圧倒的な強さと走りで多くのタイトルを獲得し、すでに一時代を築きつつある名馬たちです。これらの名馬たちはどのレースでどのようなオッズを記録しているのでしょうか?本記事では、2023年の活躍を元に日本最強の競走馬を紹介し、今後のレースでの見込みについて詳しく解説していきます。

新聞や雑誌、テレビを賑わす競馬のニュースですが、今日も多くの才能溢れる競走馬たちが誕生しています。そして、2024年現在、日本最強の競走馬は一体どの馬なのでしょうか。

また、競馬観戦するならば、各馬のオッズが気になりますよね。特に最近では、ブックメーカーにて競馬へ賭ける人も多いでしょう。そのため、日本のプレーヤーに適したブックメーカーで競走馬にベットする際に参考となる、各競走馬の最近のオッズも紹介します。

 

一方で、競走馬は年齢によって参加できるレースが異なります。そのため、ここでは3歳と4歳以上の競走馬に分けて、最強の競走馬を解説します。

2023年4月の皐月賞(G1)を勝ち取り、5月の日本ダービー(G1)で2位の着順となったソールオリエンスは、3歳の競走馬の中では現在トップのレーティングを記録しています。

騎手は、通算で中央競馬450勝以上の実績を誇る横山武史氏。また、ソールオリエンスの父キタサンブラックは、獲得賞金18億7684万3,000円でJRA歴代2位を誇る、言わずと知れた最強名馬です。

キタサンブラックの血統は追い込み脚質が特徴とされており、力強い走りを受け継ぐソールオリエンスは、今後のレースでの更なる飛躍が期待されています。

なお、2023年10月22日の菊花賞(G1)でのオッズは2.9倍で、一番人気でした。

 

リバティアイランドは、昨年桜花賞、オークス、秋華賞を勝ち取っており、史上7頭目の牝馬三冠を達成しました。見事スターの仲間入りを果たしています。

特に10月の秋華賞(G1)では、リバティアイランドのオッズは1.1倍。圧倒的な人気です。そのようなプレッシャーがかかる中でも勝利していることから、ファンからは揺るぎない信頼を獲得しています。

また川田将雅騎手の下、11月に開催されたジャパンC・G1にも出走。その際のオッズの行方も注目度が高まりました。

レーティングはなんと世界1位。現在、日本を超えて最強と称される競走馬がイクイノックスです。

ソールオリエンスと同じく、父はキタサンブラック。その血統通り、追い込みに強い脚質で、2022年は無敗を記録。G1は4連勝中。初めての海外での戦いとなったドバイシーマクラシックでも逃げ切り勝利を飾っており、世界トップのレーティングは伊達ではありません。

 

10月29日には天皇賞(G1)がありましたね。史上3頭目となる秋連覇を目指して、C.ルメール騎手と共に万全の調整を行なっていたよう。また、この天皇賞でのオッズの予想は1.8倍で当時一番人気でした。

日経賞(GⅡ)を勝利し、11月のジャパンC(G1)でG1通算4勝目を狙っていたタイトルホルダー。昨年の凱旋門賞(G1)に挑戦し、日本馬先着の11位でフィニッシュしました。

昨春は天皇賞(G1)で競走中止のアクシデントに見舞われましたが、その際のオッズは一番人気。引退する可能性も示唆されていた中、注目度は確かであり、完璧な復活を目指していました。

実際、昨秋初戦のオールカマーでは長期の休み明けながら2着となり、底力を見せつけています。その際のオッズも2.5倍の一番人気であり、完全復活間近として、大きな期待を持たれていました。

 

以上昨年のデータですが、今後の参考になると嬉しいです。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。