歴史的名盤レコードを掘る! 今週の1枚

第6回 今週のレコード:Happy End (風街ろまん)

今、米国の若い世代の間で1970年代後半から80年代にかけて日本で大流行したシティーポップを中心に熱狂的なファンが増えている。ブルックリン区に店を構え、レアものを揃えるフェイスレコードの間宮さんが選ぶ名曲を通して、その魅力を探ってみたい。


「風をあつめて」というフレーズでおなじみ問答無用の名盤

細野晴臣、大滝詠一、松本隆、鈴木茂からなるバンド「ハッピーエンド」。『風をあつめて』や、『夏なんです』など名曲だらけ。私が、内容をご紹介するのもおこがましい(笑)程の神々しさを放つレコードである。1st アルバムの『ゆでめん』や、3rdアルバムの『ハッピーエンド』も人気で、Spotifyでも試聴が可能だ。

私が特筆できるのは、同レコードのオリジナルの見分け方である。リリースされた1971年の1年間に、既に3rdプレスまでが存在している。その違いは、価格の「タグ」にあり、1st版が1700円、2nd版が1900円、3rd版が2100円であるということだ。そして、1975年の4th版プレスも2100円となっている。兎に角、同レコードは当店でも即売れの人気商品のため、70年代のプレスで美品、帯付き、歌詞カード付を見つけたら「お宝」と言え、即買い必須であろう。MUST BUY!


フェイスレコード

2018年にウィリアムズバーグ地区にオープン(営業は木曜日から日曜日の午後1時〜7時)。シティーポップをはじめ、山下達郎、竹内まりや、坂本龍一、YMOなどに代表される日本の音楽を中心に、ヒップホップや日本盤のジャズロックなども豊富に取り扱う。在庫数は8000枚、新入荷は毎週金曜日。レコードの買い取りも受け付け中。1994年に東京で創業し、現在は日本全国に全6店舗展開中。


間宮祐一

横浜市出身。脱サラし、2015年からニューヨーク在住。18年に同店をオープン。自身も筋金入りのレコードコレクター。また、ヒップホップの楽曲制作も行い、2020年に客演に『Freddie Gibbs』(グラミー賞ノミネーター)を迎えたシングルレコードを発表。座右の銘は「NO VINYL NO LIFE」。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。