今夜はジャズな気分

#4 『Jazz Gallery』ーお得なパスで現代ジャズに心ゆくまで浸かる

ジャズの聖地・ニューヨーク。毎晩この街のどこかで、ベテランから新人まで多くのアーティストが熱いセッション繰り広げる。老舗や隠れた名店などがひしめき合うこの街で、ジャズが聴けるおすすめスポットをジャズドラマーの三上麟太郎さんが案内する。


お得なパスで現代ジャズに心ゆくまで浸かる

今回紹介するスポットは、ジャズギャラリー。その名の通り、同店はクラブやバーではなく、ジャズのコンサートを行う会場として1995年より営業を続けている。

「現代のニューヨークのジャズシーンを牽引する若手アーティストのライブに力を入れている印象があります。我々ミュージシャンにとっても大切な会場の一つです」と三上さんは話してくれた。

同店は、メンバーシップ制度があり、月額または年額で一定の金額を支払うことにより、各ライブの入場料が、無料もしくは割引きになる。また、例年6月頃〜9月頃には、60ドルほど支払えば、期間限定で指定されたいくつかのライブが観れるというユニークな「サマーパス制度」を導入している。毎週のようにジャズライブを観たい! 思うジャズファン、音楽好きの方には特におすすめ。

 

/三上さん注目のライブ情報/

Harish Raghavan Quintet

5月31日(金)〜6月1日(土)

午後7時30分〜/9時30分〜

南インドにルーツをもつ米国人のジャズベーシスト、ハリシュ・ラガヴァンを迎える。アートのような存在感を見せつける彼のベースラインは圧倒的なステージ。

 

Jazz Gallery

1158 Broadway, 5th floor

jazzgallery.org


三上麟太郎rintaro-mikami.com

1995年、東京都生まれ。ジャズドラマー、パーカッショニスト、作曲家。21歳で渡米し、ニュースクール大学を卒業後はニューヨークを拠点に活動。2023年9月には自身初となるリーダーアルバム『First Fish』をリリース。Canopus Drumsのエンドーサーを務める。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。