<5/17〜5/23>NYジャピオン厳選! WEEKLY CALENDAR

【音楽】

17日(金)〜19日(日)

スティーブン・スピルバーグ監督の傑作SF映画をバックに、アカデミー賞受賞映画音楽を演奏

NY Phil: E.T. the Extra-Terrestrial in Concert

【場所】Wu Tsai Theater, David Geffen Hall【住所】10 Lincoln Center Plaza

【料金】141ドル〜【詳細】こちらから


18日(土)

ジャスティン・ビーバーが歌声を絶賛したロングアイランド出身歌手・俳優の3度目のツアー


Madison Beer: Spinnin Tour

【場所】Radio City Music Hall【住所】1260 6th Ave.

【料金】90.73ドル〜【詳細】こちらから


23日(木)、26日(日)

世界19カ国で1位を獲得した英ロック界の大御所の18年ぶりのスタジオアルバムの北米ツアー

Rolling Stones: Hackney Diamonds Tour ’24

【場所】MetLife Stadium【住所】1 MetLife Stadium Dr., East Rutherford, NJ 07073

【料金】99ドル〜【詳細】こちらから


【イベント】

18日(土)

100以上のダンススタイルで約1万人が行進。トンプキンズ・スクエアではダンスフェストを実施

Dance Parade

【場所】6th Ave. & 17th St.から出発し、8th St.を通り、Tompkins Square Parkで終了

【料金】無料【詳細】こちらから


18日(土)

映画上映、人形劇、コンサート、フェースペインティングなど家族向けアクティビティーを実施

Backyard Family Day

【場所】Hudson Yards【住所】20 Hudson Yards

【料金】入場無料【詳細】こちらから


18日(土)、19日(日)

市内最古・最大規模のフードフェス。国際色豊かなフードやライブパフォーマンスが楽しめる

Ninth Avenue International Food Festival

【場所】9th Ave. bet. 42nd & 57th Sts.

【料金】入場無料【詳細】こちらから


18日(土)〜10月27日(日)

250エーカーの敷地に『不思議の国のアリス』の想像の世界を表現した大規模エキシビション

Wonderland: Curious Nature

【場所】New York Botanical Garden【住所】2900 Southern Blvd., Bronx, NY 10458

【料金】大人35ドル【詳細】こちらから


【アート】

〜6月11日(火)

ウィル・H・ブラッドリーやJ.C.ライエンデッカーなど18世紀後半頃のポスター約40点を展示

The Art of the Literary Poster: Works from the Leonard A. Lauder Collection

【場所】The Metropolitan Museum of Art【住所】1000 5th Ave.

【料金】大人30ドル【詳細】こちらから


【舞台】

〜25日(土)

ニューヨーク拠点のモダンダンス団がサン・ラックスの音楽などを使った世界初演3作品を上演

Parsons Dance

【場所】The Joyce Theater【住所】175 8th Ave.

【料金】52ドル〜【詳細】こちらから

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。