今夜はジャズな気分

#2 粋のいいジャズを気軽に楽しみたいならばこの店

ジャズの聖地・ニューヨーク。毎晩この街のどこかで、ベテランから新人まで多くのアーティストが熱いセッション繰り広げる。老舗や隠れた名店などがひしめき合うこの街で、ジャズが聴けるおすすめスポットをジャズドラマーの三上麟太郎さんが案内する。


粋のいいジャズを気軽に楽しみたいならばこの店

今回紹介するクラブはスモールズ・ジャズ・クラブ。1994年から営業を続ける同クラブは、「ニューヨークジャズを聴くならここ!」というべき超有名店。カジュアルな雰囲気が漂い、気軽に演奏を楽しみたいという方におすすめだ。ニューヨークを拠点に活動するミュージシャンが多く出演し、迫力ある演奏を楽しめる。深夜には毎日ジャムセッションが行われ、音大生からプロまで幅広いジャズミュージシャン同士が交流しながら切磋琢磨する場所にもなっている。その様子を覗いてみるのも、一つ違ったニューヨークの一面を体感できるでしょう。毎日、異なる2組のバンドが2セットずつ演奏を行なっている。ドリンクのみの提供。

 

/三上さん注目のライブ情報/

Ari Hoenig Trio

4月29日(月)

午後7時30分〜/9時〜

ニューヨークを拠点に活躍するドラマーのアリ・ホーニグが気鋭のメンバーと組み、白熱のセッションを披露する。

 

Smalls Jazz Club

183 W. 10th St.

smallslive.com


三上麟太郎rintaro-mikami.com

1995年、東京都生まれ。ジャズドラマー、パーカッショニスト、作曲家。21歳で渡米し、ニュースクール大学を卒業後はニューヨークを拠点に活動。2023年9月には自身初となるリーダーアルバム『First Fish』をリリース。Canopus Drumsのエンドーサーを務める。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。