記事広告

ニューヨークの仮想通貨事情【2024】

ニューヨークで仮想通貨を買いたい、使いたいという方のために、現在のニューヨークにおける仮想通貨事情をまとめてみた。

仮想通貨の現在について

ビットコインをはじめとする仮想通貨やNFTといった暗号資産やブロックチェーン技術は、米国経済の中心であるニューヨークだけではなくシリコンバレーやシアトル等、アメリカ全土で大きな発展を遂げている。Security.orgのレポートによれば、暗号通貨の認知度と所有率は記録的なレベルまで上昇している。2024年現在ではアメリカ成人の40%が暗号通貨を所有し、この割合は9,300万人に値するとの見込みだ。

ステーブルコインを除いた仮想通貨は、価格が不安定なことが最大のリスクであるが、価格の上昇が爆発的であることから投資対象として大変人気がある。仮想通貨の代名詞であるビットコインは、2024年3月には2年4ヶ月ぶりに6万9000ドルという最高値を更新した。

 

 

仮想通貨の使い道

投資対象としてのみ見られがちな仮想通貨ではあるが、近年における仮想通貨の社会への浸透に伴い、物やサービスの購入に使える通貨としても受け入れ始められている。例えば、ビットコインを使えば次のような物やサービスを購入することができる。

  • ネット販売
  • ジュエリーや時計
  • メディアの購読
  • 保険

参考:What Can You Buy With Bitcoin? – Investopedia

また、自分の仮想通貨ウォレットと連携することができる仮想通貨デビットカードを利用すれば、通常のデビットカードのように仮想通貨で買い物をすることも可能だ。電子決済の代表的な存在であるPaypalでは、独自の通貨「PYUSD」を提供したり、同プラットフォーム上でアメリカドルを使ってビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を購入することができる。さらに言えば、仮想通貨で入出金やゲームプレイができる仮想通貨カジノといったものまで存在する。

 

ニューヨークで仮想通貨を買う方法

ニューヨークから仮想通貨を買うには、仮想通貨の取引所を見つける必要がある。ただし、Binance、Kucoin、Kraken、MoonPayやCrypto.comといった著名な取引所はニューヨーク在住のユーザーを受け付けていないので注意しよう。ニューヨーク在住のユーザーを受け付けている仮想通貨取引所は次の通りである。

  • Coinbase
  • Gemini

これら取引所は政府が承認した企業にのみ発行されるBitLicenseというライセンスを所有している。ライセンス認証を行うということは、ニューヨーク州内で運営されるすべての取引所や暗号通貨サービスプロバイダーが厳しく規制されていることを意味する。これは、ニューヨーカーを怪しげな業者から守るためでもあるが、あまり規制されていないプロバイダーを求めるように駆り立てるのではないかという懸念も出ている。

少なくとも、上記取引所を利用すれば、ニューヨーク在住でも安心して仮想通貨の購入が可能だろう。

 

ニューヨークで仮想通貨を購入するのは合法か?

合法である。先にも述べたように、CoinbaseやGeminiといった取引所であればニューヨーカーは仮想通貨を購入可能だ。ただし、BitLicenseを保有せずにニューヨークで仮想通貨ビジネスを運営するのは違法である。

 

ニューヨークの仮想通貨に対する税金

ニューヨークはアメリカ国内で最も仮想通貨に対する税金が高い州として知られている。Bitwaveによれば、他のどの州と比較してもニューヨーカーは最も仮想通貨の税金の負担率が高いということが判明している。さらには、ニューヨークでは仮想通貨は「cash equivalents(現金同等物)」として扱われているので、仮想通貨での購入には現金での購入と同様に課税される。

どのような手段を駆使してもニューヨークの州税を逃れることはできないので、しっかりと確認しておこう。自分で調べてもわからないという場合は、仮想通貨に特化した税金ソフトウェアサービスの使用や税理士に相談することが望まれる。

 

※仮想通貨やオンラインギャンブルの法律は国や地域によって異なるため、必ず関連する法律などを確認してから利用することを心がけてください。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。