NYでオンラインカジノをプレイする際の注意点

現在、ヨーロッパを中心に世界中でそのネットワークを広げている「オンラインカジノ」ですが、多くの国ではまだまだ法の規制がなされていないなどの理由から、議論を巻き起こしています。

ラスベガスなどの歓楽地を有するアメリカも例に漏れず、オンラインカジノの議論が行われている国の1つなのですが、アメリカは少し事情が違います。というのもアメリカでは州ごとに法律が異なっているためです。そこでアメリカそして世界の中心地であるニューヨークでオンラインカジノをプレイすることに関しては一体どうなのか、現在分かっていることについて見ていきましょう。

基本的にNYでのオンラインカジノは違法

調べたところ、ニューヨークでのカジノは一部の例外を除き基本的には違法となっているようです。許可されているカジノ等のギャンブルは州が運営している宝くじや競馬、特定のカジノ、チャリティーを目的とした宝くじ/ビンゴなどとなっています。また直接カジノを運営しているわけではなく、宣伝広告などの行為も禁じられており、思っている以上に厳しい規制が敷かれています。

オンラインカジノももちろんのこと、日本とは異なりハッキリと違法と合法の線引きがされています。しかしニューヨークも他の州と同じようにどんどんとオンラインカジノを合法化する方向で進んでいるようで、2022年1月からスポーツベッティングが解禁されるなどの動きがありました。アメリカは日本に比べこういった対処が早い傾向にありますので、今後の進展に目が離せません。

日本人をターゲットにしているオンラインカジノについて

それではニューヨークに住んでいる日本人の方についてはどうでしょうか?法律は国籍関係なくその地に敷かれている規制が適応されることになっているのが基本なので、日本人であろうとニューヨークに住んでいる人はニューヨークの州法に従わなければなりません。ですので日本人を対象にしているオンラインカジノであろうと、ニューヨークでプレイすることは禁止されていることになります。

また多くのオンラインカジノでも「日本在住のプレイヤー対象」の文言が付けられていることがあったりと、注意書きがなされていることがあります。ニューヨークに在住の方は日本語サイトではなく、あくまでアメリカを対象にデザインされたガイドラインに従い、オンラインカジノ(スポーツブック)の運営会社も選ぶようにしましょう。

NYで遊べるカジノは?

上でも述べたようにオンラインカジノはニューヨーク州では禁止されていますが、スポーツブックは2022年から解禁されました。2023年1月現在、ニューヨークで合法的に利用できるスポーツブックは次の9つあります。FanDuel、DraftKings、Caesars、BetMGM、BetRivers、PointsBet、BallyBet、WynnBet、Resorts World Bet。これらのスポーツブックの会社は全てアメリカで運営されています。アメリカは特にスポーツが盛んな国で4大スポーツとしてアメフト、バスケ、野球、アイスホッケーとスポーツベッティングだけでも1年中常に盛り上がって、楽しむことができるでしょう!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。