記事広告

オンラインカジノが異なる国で開設されるための基準

インターネット上には様々なオンラインカジノが存在しますが、すべてのカジノが国際的な規制に従わなければならない法律はありません。

ほとんどのカジノは、自国が定めるオンラインギャンブルに関する法律に従わなければならないのです。

何が合法的であり、何がそうでないかは、主に何によるのでしょうか?

これらの規制は1つの司法管轄区から別のものに大きく異なる可能性があるため、各カジノが動作するように大きく異なります。

多くの地域では頻繁に法律が変更されるため、さらに問題が複雑になっています。

オンライン・ギャンブル・サイトは、お客様に合法的にサービスを提供するために、適切な規制機関が発行するベッティング・ライセンス、またはゲーミング・ライセンスを取得しなければなりません。多くのギャンブルサイトはライセンスを取得する国において、少なくとも活動の一部を行わなければならないため、法律と規制に基づいて場所を決定します。

この記事では、いくつかの国の法律と、その法律の下でどのカジノが運営されているかを説明します。

 

英国ギャンブル委員会とカジノ

イギリスでは、オンラインギャンブルは完全に合法です。英国居住者は、地域および国際的なウェブサイトのサービスを利用することができます。英国は、その明確な法律と厳格な規制により、オペレーターにとって望ましい市場ですが、その高い税率が唯一の欠点となります。

英国で運営されている最も注目すべきカジノは、Casimba CasinoとMegaways Casinoです。

Megaways Casinoは、トップクオリティのゲームとライブカジノを提供しており、急速に、最高で新鮮なカジノサイトの1つになりつつあります。様々なカジノゲームとライブカジノがあるのが特徴です。また、Casimba Casinoは、素晴らしいウェルカムオファーでその人気を高めています。

 

オーストラリア・ニュージーランドとカジノ

2001年に制定されたInteractive Gaming Act(IGA)は、オーストラリアのオンラインギャンブルに関連する法律を大きく規定しています。この法律では、スポーツベッティングや宝くじゲームのみが許可されており、オーストラリアのオンラインカジノが他の種類のギャンブルサービスを提供することは、違反となります。

オーストラリアに出店しているカジノには、HellspinとRicky Casinoというものがあります。

Hellspinは徐々に人気を集めているカジノであり、Ricky Casinoでは様々なポーカーゲームを楽しむことができます。

 

マルタのゲーミングオーソリティとカジノ

Malta Gaming Authority (MGA)と呼ばれる、マルタのすべてのランドベースとインターネットゲームを監督する規制機関は、安全な環境でのゲームの推進、ゲームと機器の完全性の確保、プロバイダーへのライセンス付与、そしてゲーミング活動を安全に行えるよう、規制された環境を確立する責任を負っています。

MGAの下で運営されている最新のオンライン・ベッティング・ウェブサイトには、FireVegas、NucleonBet、Paripesaなどがあります。

FireVegasは、新規のお客様に最もホットなオファーやプロモーションを提供し、人気が高まっています。誕生日ボーナス オンカジの調査などをもとに、NucleonBetもまた、新しいお客様にエキサイティングなボーナスオファーを提供しています。

MGAのカジノは、日本やインドのプレイヤーにとても人気があります。

 

 

オンラインカジノが異なる国で開設されるための基準を少しでもお分かりいただけましたでしょうか。

上記の内容を参考に、オンラインカジノの理解を深めていきましょう。

 


参考文献:

オンラインカジノの違法性と対策を解説- オンライン・ギャンブルにおける日本の法的問題についての関連記事

「欧州連合域内市場におけるサービス提供の自由」関連記事

Casinotop3.com Japan – 日本のオンラインカジノ事情を分析するオンラインポータルサイト。

スポーツベット24 – 日本のスポーツベット事情を分析するオンラインポータルサイト。

リアルマネーでのギャンブルについて分析したオンラインポータルサイト。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。