記事広告

ブックメーカーのアプリとは?ブックメーカ―の歴史を含めてご紹介!

ブックメーカーは、日本でお馴染みの競馬、競輪、競艇だけではなく、世界中のあらゆるスポーツさらにはゴシップなどの予想に賭けれるサービスです。

ここでは、日本最高のブックメーカーアプリなども含めてブックメーカーについて簡単まるごとご紹介していきましょう。

 

ブックメーカーの歴史

近年は、日本でもブックメーカーという言葉を耳にすることも多くなりました。ブックメーカーは、今から100年以上前の1790年代にイギリスに誕生したといわれています。走る馬に順位をつけて、それが当たると配当が獲得できる競馬から始まったといわれています。

その後、イギリスでは賭け事が禁止されたこともありましたが、1960年には政府機関からのライセンスを取得すれば合法的に運営できる店舗型のブックメーカーが誕生。イギリス政府公認の賭け事になり人気を集めました。

ブックメーカーは、勝負の勝敗に限らず、試合に関するさまざまな結果について予想できるのも魅力の一つです。

 

現代のブックメーカー

2000年に入り、インターネットが普及されると店舗型のブックメーカーは、減少しましたが、逆にインターネットでいつでも賭けれるブックメーカーが増加し今に至ります。

今現在は、24時間いつでもどこでもスマホを使ってプレイできるというのが特徴でしょう。

 

時代はオンライン!

ブックメーカーの発祥地であるイギリスでも、今はオンラインで賭ける時代に突入しました。わざわざ店舗に赴かなくともスマホ一つでサクサクとブックメーカーを楽しめます。

 

運営会社は、社会的地位も高い大企業

海外のブックメーカー運営会社は、各政府機関から合法的なライセンスを所得して運営をしています。また、株式上場している大手会社も多く、イギリスの老舗ブックメーカーであるウィリアムヒルは、年間200憶$以上の収入があるともいわれています。

 

信頼度が高いスポーツベットアプリサイト

ここでは、安全・安心なブックメーカーを集めてみました。

  • カジ旅
  • コンクエスタドールカジノ
  • テッドベット
  • ボンズ
  • リリベット
  • Bet365

 

まとめ

日本人にはまだ馴染のないブックメーカーについて簡単に紹介した。日本の賭け事よりも還元率も高いと言われているブックメーカー。日本の競馬やスポーツにも賭けれるアプリやサイトもあるので、機会があれば一度トライしてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。