大都市ニューヨークのオンラインカジノに対する見解と日本の影響

アメリカのカジノを代表するラスベガスをはじめ、アメリカにはいくつかのランドカジノ(店舗型カジノ)が存在します。

日本人の方でカジノを楽しむためにラスベガスなどで実際にブラックジャックやルーレットなどをプレイされたことがある方もいるかもしれません。

日本ではIR法案が可决されたことで、日本初のランドカジノができると言われていますが、コロナウィルスの影響によって、その多くが停滞しています。

そんな中、世界中に大流行のコロナウィルスの影響もあり、2022年1月、ニューヨーク州ではパンデミックによる財政悪化から脱却するための改善策として、税収の収益が見込めるオンラインによるスポーツベッティングが合法化されニューヨタイムズCNBCCBS Newsでも大きく取り上げられました。

ニューヨーク州ではオンラインによるギャンブルを合法とする法律はありませんでしたが、今回のように世界情勢によってその動きが変化したと思われます。

一方、対する日本のオンラインカジノはどうでしょう?オンラインカジノの規制のあり方について国会答弁がありましたが、その真偽は明らかになっていません。

そもそも日本国内で運営している違法カジノのインカジとは違い、オンラインカジノは海外で正式なカジノライセンスの下、合法に運営されています。

オンラインカジノ 合法ではなく違法だという声は厳密に言えば正しくありません。それは、インターネットを通じたオンラインカジノに対する日本の法律が定まっていないからです。

つまり、オンラインカジノは違法でも合法でもないグレーゾーンというのが正しい現状です。

オンラインカジノに対するネガティブなイメージや政治に絡む野党からの批判によるものでオンラインカジノは違法だという間違った情報が流れてしまっていますが、ニューヨーク州の例を見ても、国が賢い選択を行えば双方にとってポジティブに働くのではないでしょうか。

アメリカに倣って同じような選択をすることが多いと言われている日本ですが、今後国際社会においてリーダーシップが問われる中、オンラインカジノを例にとっても今後の日本の動きが見えてくるでしょう。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。