劇作家小川彩氏による『THE NOSEBLEED』が 今年はリンカーンセンター・シアター/LCT3で公演中

アッパーウエスト地区に位置する複合芸術施設、リンカーンセンター内クレア・トウ劇場にて、ブルックリンを拠点に活動する劇作家、小川彩氏の自伝的作品『THE NOSEBLEED』が公演されている。会期は8月28日(日)まで。

©︎ Lincoln Center Theater/LCT3

 

彩さん自ら脚本・監督・キャストを務める同作品は、2019年にザ・パブリック・シアターの演劇祭で初演を迎えた後、2021年にジャパン・ソサエティで短期公演され、ニューヨークタイムズ紙でもその高いパフォーマンスが評価された。多くの評判を得て、今年は長期間での再演が決定した。

『THE NOSEBLEED』では、日本人の移民としてアメリカで育った彩さんと典型的な日本のビジネスマンであった父親との文化的・世代的なギャップをはらんだ関係性、そしてその状況を引きずったまま訪れる父の他界という出来事が彩さんの人生に与えた影響を、独創的で優しく時にダークユーモアを交えて描かれている。

人の死に伴う後悔の念は、誰しもの心の奥底に存在する可能性がある複雑な感情である。本作はこうした問題を抱える者の心を、まるで祈りや許しのように優しく包み込むような演劇体験をもたらしてくれるだろう。

末っ子のケンヤ役を演じる彩さん ©︎Julieta Cervantes

 

『THE NOSEBLEED』

脚本・監督:小川彩

会期:7月16日(土)〜8月28日(日)

時間:月・水〜金:7:00PM〜/土・日:2:00PM〜・7:00PM〜

チケット:$30

場所:Lincoln Center Theater – Claire Tow Theater

150 W. 65th St. (Bet Broadway and Amsterdam) 

 

詳細・チケットの購入は以下のリンクより。

lct.org/shows/nosebleed/

 


小川彩

©︎Will O’Hare

東京生まれ。現在ブルックリンを拠点に劇作家、監督、パフォーマー、翻訳者として活動する。自らの経験に、国際文化、ジェンダーレスの視点を交え、個のアイデンティティをテーマに作品を手掛ける。主な脚本・監督作に『A Girl of 16,oph3lia』 (HERE)、『Journey to the Ocean』 (Foundry Theatre)、『Ludic Proxy』 (The Play Company) など。これまで翻訳を手掛けた多くの日本の戯曲がアメリカとイギリスで公開・出版されている。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!