巻頭特集

屋外アクティビティーを 楽しもう!!

ニューヨークは夏の日差しに包まれ、街の人々は太陽の季節を楽しんでいる。夏だからこそ楽しみたい屋外アクティビティーを攻略し、アクティブな時間を過ごそう。(取材・文/菅礼子)


鉄板はニューヨークを感じられる
屋外アクティビティー

ニューヨークの夏は短い。冬が長い分、人々は屋外に出て思い切り楽しむのがこの季節だ。今回は夏のニューヨークで、少し足を伸ばして自然を満喫できる屋外アクティビティーを紹介する。

まず、遠出をせずともニューヨーク市内で楽しめる屋外アクティビティーは山ほどある。大都会の中での自然や、世界屈指の芸術を屋外スペースにて無料で楽しめるのはここニューヨークの特権だろう。

昨年に引き続き、ブライアントパークで行われる「ブライアント・パーク・ピクニック」は6月から行われている。このイベントはブライアントパークの芝生に座って「ニューヨーク・シティー・オペラ」や「カーネギー・ホール・シティーワイド」といった、普段は鑑賞するには高値のチケットが必要となる芸術を無料で見ることができるため人気がある。

同様にセントラルパークでも6月より「サマー・ステージ・フェスティバル」がスタート。1986年より続く歴史のある屋外イベントで、チケットを購入すると5つの行政区の公園で行われる100以上の無料コンサートを支援することにもつながる。

大人もはしゃげる屋外のディスコイベント

リンカーンセンターの屋外広場では、大人たちが楽しめるディスコイベントやダンスイベント、ジャズコンサートにコメディショーなど、さまざまな演目が用意された「サマー・フォー・ザ・シティー」が好評だ。同イベントは8月14日まで行われている。

リトルアイランドでも6月から9月まで、「ウィークリーシリーズ」として音楽やビジュアルアート、ダンスなど、子供も楽しめるイベントがめじろ押しだ。

ニューヨークの公園で世界トップレベルの国際色豊かな芸術に触れることができるのはニューヨークの夏のだいごみといえる。

景色を楽しみながらの
映画も最高

屋外映画鑑賞も夏ならでは。マンハッタンやブルックリンで行われるパブリックビューイングの映画はニューヨークらしい景色も堪能できる。ミッドタウンの「ルーフトップ・シネマ・クラブ」はその名の通り、ビルの屋上でサンセットから夜景までを満喫しながら映画を見ることができる。

ニューヨーク市では珍しいドライブインシアターで非日常感を味わう

特別なシチュエーションで映画に没頭することをコンセプトにしたこの場所で、パーソナルヘッドフォンを付けてデックチェアに座り、「ロミオとジュリエット」や「ティファニーで朝食を」など、クラシックでアイコニックな作品を鑑賞しよう。

また、車で乗り付けて車中から映画を鑑賞するのは、ブルックリンのウィリアムズバーグにある「スカイライン・ドライブ・イン」だ。車内から見る映画はまるでプライベートシアター。映画館や他の屋外シアターとは違った雰囲気を味わえる。駐車スペースは数に限りがあるため早めに場所取りをすることをおすすめしたい。ブルックリンサイドから見るマンハッタンビューは絶景。車がなくても、アウトドアシートも用意されているので安心だ。

ブライアントパークはアクセスもしやすく気軽に参加できる

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。