アートを見に行こう

The Utopian Avant-Garde: Soviet Film Posters of the 1920s

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


ロシアのウクライナ侵攻が続く中、双方のプロパガンダ合戦が横行している。ロシア側は国営テレビを通じ「空爆はでっち上げだ」「ウクライナで生物兵器が開発されている」などと報じ、ウクライナでは大統領をはじめ、国民一人一人がSNSで情報を拡散している。現場の声を瞬時に届けられるが、全ての投稿が信頼できるかについては、その特性を踏まえると慎重になるべきだろう。

ポスターを専門に扱う美術館、ポスターハウスでは1920年代に制作されたロシアアバンギャルドの映画ポスターが展示されている。ロシアアバンギャルドとは1910年代から30年代にかけてロシア帝国・ソ連で起こった前衛運動のことで、ロシア革命以降はプロパガンダアートとして利用された。当時のソ連における識字率は低く、プロパガンダ映画が数多く制作され、宣伝用のポスターはとても重要な役割を担ったという。

ポスターを見ると赤や黒を中心に原色が多用され、視覚に強く訴えかけてくるものばかりだ。神妙な面持ちの女性が極端に大きく描かれたり、真上や真横、異なる角度から切り取られた男女が同じ絵に共存したり、画面が斜線でバッサリと切られていたり。どれも現代に通用するかっこよさがあるのだ。これらが描かれてから約100年が経った今、隣り合う国が形を変えてプロパガンダ合戦を繰り広げている。ロシアによる侵攻が許されないのは言わずもがなだが、あらゆるメディアから流れる情報を精査せず、全てをうのみにしないように注意しなければならない。

ポスターハウス 
119 W. 23rd St. (bet. 6th & 7th Aves.)
TEL: 917-722-2439
posterhouse.org
【会期】8月21日(日)まで

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。