アートを見に行こう

The Utopian Avant-Garde: Soviet Film Posters of the 1920s

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


ロシアのウクライナ侵攻が続く中、双方のプロパガンダ合戦が横行している。ロシア側は国営テレビを通じ「空爆はでっち上げだ」「ウクライナで生物兵器が開発されている」などと報じ、ウクライナでは大統領をはじめ、国民一人一人がSNSで情報を拡散している。現場の声を瞬時に届けられるが、全ての投稿が信頼できるかについては、その特性を踏まえると慎重になるべきだろう。

ポスターを専門に扱う美術館、ポスターハウスでは1920年代に制作されたロシアアバンギャルドの映画ポスターが展示されている。ロシアアバンギャルドとは1910年代から30年代にかけてロシア帝国・ソ連で起こった前衛運動のことで、ロシア革命以降はプロパガンダアートとして利用された。当時のソ連における識字率は低く、プロパガンダ映画が数多く制作され、宣伝用のポスターはとても重要な役割を担ったという。

ポスターを見ると赤や黒を中心に原色が多用され、視覚に強く訴えかけてくるものばかりだ。神妙な面持ちの女性が極端に大きく描かれたり、真上や真横、異なる角度から切り取られた男女が同じ絵に共存したり、画面が斜線でバッサリと切られていたり。どれも現代に通用するかっこよさがあるのだ。これらが描かれてから約100年が経った今、隣り合う国が形を変えてプロパガンダ合戦を繰り広げている。ロシアによる侵攻が許されないのは言わずもがなだが、あらゆるメディアから流れる情報を精査せず、全てをうのみにしないように注意しなければならない。

ポスターハウス 
119 W. 23rd St. (bet. 6th & 7th Aves.)
TEL: 917-722-2439
posterhouse.org
【会期】8月21日(日)まで

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。