アートを見に行こう

Inspiring Walt Disney ②

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


「ディズニーはアートなのか?」

メトロポリタン美術館で開催中のディズニー展「Inspiring Walt Disney」の会場の壁に、1939年に発刊されたニューヨークタイムズ紙の記事が引用されている。「ディズニーは600人ものアーティストを抱える世界で最も優れた経営者の一人だ」と。

ウォルトは夜間美術学校に通ってアニメーターとして活動し、後にミッキーを生み出した張本人である。映像と音声を同時に流すトーキー映画や、長編アニメを世界で初めて作ったのも彼だった。しかし、ディズニーランドを手掛けるに当たり、アニメーターから実業家へと転身していくこととなった。

日本でアニメといえば、幼少期に見るだけの一過性のものに留まらず、文化として根付いているという認識がある。アニメや漫画と共に育った私たちの価値観は、確実にそれらの影響を受けている。そして日本のアニメを構築したとされる手塚治虫は、幼少期に父親の映写機で繰り返し見たディズニー作品に大いに影響を受けたという。多くの人の琴線に触れ、社会や文化に影響を与えるものがアートなら、ディズニーアニメーションも言わずもがなである。

アニメーションの世界を変え、世界中に多大な影響を与えたディズニー作品。それら一つ一つがどのような時代に、何に影響を受けて生み出されたのかを知ることで、新しいアイデアや発見があるに違いない。ディズニーはアートなのか。ぜひ同展に足を運んで、自分なりの答えを見つけてみてほしい。

 

メトロポリタン美術館 
1000 5th Ave.
TEL: 212-535-7710
metmuseum.org
【会期】3月6日(日)まで

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。