アートを見に行こう

Inspiring Walt Disney ②

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


「ディズニーはアートなのか?」

メトロポリタン美術館で開催中のディズニー展「Inspiring Walt Disney」の会場の壁に、1939年に発刊されたニューヨークタイムズ紙の記事が引用されている。「ディズニーは600人ものアーティストを抱える世界で最も優れた経営者の一人だ」と。

ウォルトは夜間美術学校に通ってアニメーターとして活動し、後にミッキーを生み出した張本人である。映像と音声を同時に流すトーキー映画や、長編アニメを世界で初めて作ったのも彼だった。しかし、ディズニーランドを手掛けるに当たり、アニメーターから実業家へと転身していくこととなった。

日本でアニメといえば、幼少期に見るだけの一過性のものに留まらず、文化として根付いているという認識がある。アニメや漫画と共に育った私たちの価値観は、確実にそれらの影響を受けている。そして日本のアニメを構築したとされる手塚治虫は、幼少期に父親の映写機で繰り返し見たディズニー作品に大いに影響を受けたという。多くの人の琴線に触れ、社会や文化に影響を与えるものがアートなら、ディズニーアニメーションも言わずもがなである。

アニメーションの世界を変え、世界中に多大な影響を与えたディズニー作品。それら一つ一つがどのような時代に、何に影響を受けて生み出されたのかを知ることで、新しいアイデアや発見があるに違いない。ディズニーはアートなのか。ぜひ同展に足を運んで、自分なりの答えを見つけてみてほしい。

 

メトロポリタン美術館 
1000 5th Ave.
TEL: 212-535-7710
metmuseum.org
【会期】3月6日(日)まで

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。