アートを見に行こう

Inspiring Walt Disney ①

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


正月休みにメトロポリタン美術館を訪れると、アトラクションに並んでいるかのごとく、長蛇の列ができているエリアがあった。列の先頭までたどるとそこには「Inspiring Walt Disney」のタイトルが。テーマパークに並ぶのですら苦手な筆者は先日、雪の降る平日朝一番を狙ってリベンジしてきた。

この展示は、フランスの装飾美術がウォルト・ディズニーに与えた影響について解説するというもの。同館でディズニーを取り上げるのは初めてだそう。会場に入るとすぐ、ウォルトが旅行でフランスを訪れた時の映像を見ることができる。第一次世界大戦中、赤十字社の衛生兵として赴任を経験したフランスと、ウォルト・ディズニーとの間には深い縁があった。

Selected porcelain figurines
Photo by Paul Lachenauer, The Metropolitan Museum of Art, New York/
Walt Disney Animation Research Library © Disney

その一つがロココ様式。ディズニー作品「美女と野獣」のポット婦人とチップ、置き時計のコグスワースや燭台のルミエールなど、静物に命を宿すというアイデアは、18世紀フランスで流行したロココ様式に影響を受けているという。ロココとはフランス語の「ロカイユ」に由来し、小石や岩、貝殻などを意味する。ロココ様式は貝殻や植物の曲線を多用した装飾、そこから派生した美術様式を指す。当時、水の動きや動植物の装飾をあしらった磁器がはやった。これが原作『美女と野獣』にはない、静物たちを動かすというアイデアにつながったそうだ。

会場にはロココ調の磁器がイラストと共に展示され、キャラクター誕生の過程が解説されている。ディズニーファンでなくても楽しめる展示なので、ぜひ足を運んでみてほしい。

メトロポリタン美術館 
1000 5th Ave.
TEL: 212-535-7710
metmuseum.org
【会期】3月6日(日)まで

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。