Decentralandトークンを購入するべきか?

Decentralandトークンを購入するべきか?

現在、時価総額でトップ25の暗号通貨にランクインしているDecentralandは、最近、投資家から大きな関心を集めています。

イーサリアムネットワークをベースにしたDecentralandは、ネイティブトークンであるMANAを搭載しています。MANAはDecentralandゲームの公式トークンであり、投資家はネットワークが生み出す価値を表すものとしてその価値に惹かれています。ブロックチェーンを利用したゲームの急成長をメタバースで体験する機会を得ようとしている人々は、このトークンがどのように提示されているかを評価するでしょう。

実際、Decentralandは最も人気のあるゲームの1つであり続けていますが、市場のトークンだけでなく、カジノのものとは異なります。ここ数ヶ月でDecentralandは投資家にとって5倍の利益をもたらしています。長い時間をかけて拡大してきたDecentralandは、昨年のトップパフォーマンスのトークンの1つであり、11月の締めくくりまでに5,300%以上の利益を投資家に提供しています。

 

  1. Decentralandはメタバースベースのゲームです

強調したい明確なきっかけがあります。Decentralandはメタバースゲームのトップランナーです。メタバースとブロックチェーン技術の未来の可能性に興味があるなら、ブロックチェーンをベースにしたゲームに投資することで、望む限りの競争力のあるエクスポージャーを得ることができます。これは急速に拡大している新しい市場であり、VRの未来を動かすブロックチェーン技術の潜在的な成長は、投資家を熱狂させる理由となっています。

重要なのは、Decentralandがメタバース関連の最大の暗号通貨としてランク付けされているという点です。市場価値に関しては23位にランクインしていますが、Decentralandはこの分野の多くの長期的な投資家にとっての投資の選択肢であり続けています。

その理由の一つは、Decentralandのウェブサイトによると、Decentralandが「ユーザーが所有する史上初の仮想世界」と位置づけられていることです。投資家はDecentralandの「ファーストムーバー」というステータスに高い価値を置いています。しかし、飛翔性の高いメタバースゲームは他にも登場しており、Decentralandの競争相手となるとともに、投資家の選択肢にもなっています。

Decentralandは、人々が買い物をしたり、仕事をしたり、友人と交流したりできるオンラインの世界を作る道を大きく切り開いてきました。メタ・プラットフォームのような大企業や機関投資家からメタ・スペースの世界に参入することが予想されているため、投資家はこの分野の成長に注目しています。

  1. 2.自由で独自の通貨に基づく市場経済

Decentralandは本質的にはゲームです。Decentralandのプレイヤーが作った世界と誰もが交流できるオンラインマルチプレイヤーワールドです。魅力的ではありますが、DecentralandのトークンであるMANAの所有者にとっては必ずしも良いことではありません。

メタバースにおける仮想の土地を所有することの効果をより包括的に捉えれば、メタバースに利害関係を持つことで得られる潜在的な価値がたくさんあることは明らかです。Decentralandでの数百万ドル規模の土地販売が話題になったことで、投資家が現在の不動産ブームの初期段階から手を出すことで得られる利益が浮き彫りになりました。

アーティストはギャラリーを作り、ノンファンジブル・トークン(NFT)やアート作品をオンラインで販売しています。ブランドはDecentraland上に仮想不動産の店舗を作っています。NFTの買い手と売り手を対面で「見る」ことができる方法を探している人は、(もちろんアバターとアバターを介して)それを実現することができます。Decentralandでは仮想会議が開催されており、コンサートも行われています。

21世紀の新しい自由市場経済には、ぜひ注目してほしい。Decentralandは、ユーザーが交流できるメタバーズの中でもトップレベルの存在であり、実際のお金のやり取りだけでなく、本当の価値を提供しています。そのため、インターネット上での商取引の未来に自信がある人は、Decentralandを探ってみるといいだろう。

  1. Decentralandには大手機関投資家が集まっている

2月、グレースケールはDecentraland Trustを発表しました。この発表は、グレースケールがファンドで著名な大型暗号通貨に注力してきたことを考えると、「エキゾチック」な動きであると批評家たちに広く評価されました。

しかし、Decentralandはそれ自体が人気のある大型暗号通貨として浮上しており、暗号通貨のトップ25に入っています。

大規模な機関投資家が特定のトークンに価値を見出せば、リテール市場は注目します。Decentralandがさらなる触媒を必要としているかのように、メタバースをテーマにした暗号通貨にさらに多くの資本が流入する可能性は、MANAが信じられないほど強固な基礎基盤を持つ暗号通貨を代表するという主張をさらに強めています。

それはとてもシンプルなことです。非中央集権が主流になった。大量の取引がシステムを通じて行われ、また巨大な資金が市場に参入しているのです。もしあなたが、メタバースが形成されている暗号通貨を探しているのであれば、Decentralandは確かにそのための最も人気のあるプラットフォームであることを印象的に証明しています。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。