オミクロンという名のトークンで1000%の利益を上げた人々

オミクロンという名のトークンで1000%の利益を上げた人々

COVID-19ウイルスの一部である別の系統に襲われている中、暗号通貨のトレーダーたちは恍惚としています。この新しいバージョンは、ギリシャ語アルファベットファミリーの一部を変異させた亜種の名前を維持して、Omicronと呼ばれています。

この突然変異した亜種は、世界中で混乱を引き起こしています。同じ名前を持つ比較的注目されていない暗号通貨は、価格が上昇し、トレーダーに1000%近い収益をもたらしています。この暗号通貨の価格は、わずか2日間で900%近く上昇し、ビットコインだけでなくイーサリアムも凌駕しました。もちろん、このコインへの投資は、カジノに行くのとよく似ています。

オミクロンとは?

現代の暗号通貨において、Omicronは市場に出回っている数多くの暗号通貨の一つに与えられたタイトルと言えます。暗号通貨のデジタルデータ交換プラットフォームであるCoinmarketによると、”Arbitrum Networkで利用可能な分散型準備通貨プロトコル “だそうです。

偶然にも、世界保健機関(WHO)がギリシャ語のアルファベットから「Nu」と「Xi」の2文字を削除し、そのまま「Omicron」とした。世界中の新バージョンに関する壊滅的なニュースは、なぜか暗号通貨Omicron Coinに勢いを与え、その価値は初期値の10倍にもなりました。

 

Coinmarketによると、Omicronの価格は1時間以内に70ドルから688ドルも上昇したという。オミクロン・コインは、前週の水曜日に324.73ドルで取引されていましたが、同サイトによると報告によると、12月8日(水)ISTの午前9時27分現在、Omicron Coinは72.22ドルで取引されています。オミクロン・コインの価値は、過去24時間で39.25%減少しました。

“OMICは、週末にBTC(ビットコイン)だけでなくETH(イーサリアム)などの他の暗号通貨をアウトパフォームしたようですが、しかしこれは投資に値するという意味ではありません。この分散型金融の取り組みについてはあまり知られておらず、このプロジェクトに関する信頼できる情報を探すのは困難です。オミクロンの公式サイトでは、そのサービスを「Arbitrumに基づいて構築された分散型通貨プロトコル」と定義していると、Coinmarketはブログの記事で述べています。

 

コインマーケットは、この通貨のパフォーマンスがビットコインやイーサリアムを上回っているにもかかわらず、ビットコインやイーサリアムのような価値のある投資にならない可能性があるため、投資家に注意を促し、急成長に振り回されないよう助言しています。

「この分散型金融プロジェクトについてはほとんど知られておらず、プロジェクトを取り巻く堅牢なデータを入手するのは困難です」と述べています。

警告

イカゲーム」をベースにした通貨やdogecoinなど、ミームをベースにしたものなど、数多くの暗号通貨が話題になっています。これらの価格は変動していますが、最も人気のあるビットコインなどの価値はほぼ安定しています。

COVID-19の話題はまだ終わっていませんが、この通貨の宣伝は波のように上がったり下がったりしていました。ジェットコースターのようなこの通貨の上昇と下落は、1000%近く上昇した後、4分の3まで下落するという、わずか3日間で行われました。このコインは、Sushiswapという1つのプラットフォームでしか取引できず、その起源は不明のままです。

“WHOが真新しいCovid Omicron系統を指定した後、奇妙な偶然でメディアに注目されました。トークンの価格は理由もなく上昇しました。これは、イーロン・マスクがDogeやShiba Inuについて言及することで、トークンの価格に一時的な影響を与えるのと似ています」と、Tykhe Block VenturesのパートナーであるIshan Aroraは主張しています。

 

テレビ番組「Squid Game」にちなんで名付けられた通貨も、テレビ番組や暗号通貨との関連性がないにもかかわらず、同様の上昇が見られました。この通貨は、何千人もの人々が被害に遭い、詐欺師がお金を持って消えてしまったという詐欺事件が発覚した後、価値が急激に下落しました。

注目すべき点は、世界保健機関(WHO)がギリシャ語のアルファベットに倣って変異したCOVID-19の亜種を今後も命名する予定であるという事実と、次の文字であるPiにも電子通貨が命名されていることです!

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。