アートを見に行こう

In America: A Lexicon of Fashion ①

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


冒頭から白状しておくが、筆者はファッションにかなり疎い。フォトグラファーという職業柄、着る服は動きやすくシンプルなものに走りがちだし、寒がりなので、冬は着膨れしようが構わず保温性を重視する。

そんなこともあり、先日ファッションの祭典「メットガラ」がメトロポリタン美術館(MET)で開催されるファッション展のオープニングイベントだということを初めて知った。芸能人がドレスコードにのっとり、ただレッドカーペットを歩くだけの派手なお祭りかと思っていたが、メインはこちらの展覧会だという。

METの正面玄関から右へ進み、古代エジプトコレクションをくぐり抜けると、そのファッション展にたどり着く。壁には「In America: A Lexicon of Fashion」と書かれ、アメリカンフラッグと洋服が飾られている。展示名を訳すならば「アメリカのファッション辞典」といったところか。

昨年は「時間について」、その前は「キャンプ」「天体」「川久保玲」と具体的なテーマを設定する年もあるが、今年はアメリカのファッションを、大きなくくりで捉えるという。展示の冒頭には公民権活動家ジェシー・ジャクソンの言葉が引用される。

「アメリカはキルトのような国である。たくさんの継ぎはぎ、色、大きさの布が、すべて一緒くたにまとめて織られているのだ」。

多様性の象徴ともいえるアメリカという国家を、ファッションの視点から捉えるというこの企画。服に頓着がなくとも楽しめそうな気がしないだろうか。次号は地下エリアに降りて、展示を深掘りしていく。

 

メトロポリタン美術館 

1000 5th Ave.
TEL: 212-535-7710
metmuseum.org
【会期】9月18日(土)〜2022年9月5日(月)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。