アートを見に行こう

In America: A Lexicon of Fashion ①

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


冒頭から白状しておくが、筆者はファッションにかなり疎い。フォトグラファーという職業柄、着る服は動きやすくシンプルなものに走りがちだし、寒がりなので、冬は着膨れしようが構わず保温性を重視する。

そんなこともあり、先日ファッションの祭典「メットガラ」がメトロポリタン美術館(MET)で開催されるファッション展のオープニングイベントだということを初めて知った。芸能人がドレスコードにのっとり、ただレッドカーペットを歩くだけの派手なお祭りかと思っていたが、メインはこちらの展覧会だという。

METの正面玄関から右へ進み、古代エジプトコレクションをくぐり抜けると、そのファッション展にたどり着く。壁には「In America: A Lexicon of Fashion」と書かれ、アメリカンフラッグと洋服が飾られている。展示名を訳すならば「アメリカのファッション辞典」といったところか。

昨年は「時間について」、その前は「キャンプ」「天体」「川久保玲」と具体的なテーマを設定する年もあるが、今年はアメリカのファッションを、大きなくくりで捉えるという。展示の冒頭には公民権活動家ジェシー・ジャクソンの言葉が引用される。

「アメリカはキルトのような国である。たくさんの継ぎはぎ、色、大きさの布が、すべて一緒くたにまとめて織られているのだ」。

多様性の象徴ともいえるアメリカという国家を、ファッションの視点から捉えるというこの企画。服に頓着がなくとも楽しめそうな気がしないだろうか。次号は地下エリアに降りて、展示を深掘りしていく。

 

メトロポリタン美術館 

1000 5th Ave.
TEL: 212-535-7710
metmuseum.org
【会期】9月18日(土)〜2022年9月5日(月)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1187

新年快チャイナタウンで春節を祝おう

「春節」と呼ばれる旧正月は中国の旧暦に基づく新年を意味し、一年の幕開けを祝う最も大きな祝日。中国語圏を始め韓国や香港、台湾、ベトナム、マレーシア、インドネシアなどで祝われ、習慣や風習は国や地域により異なるが、皆縁起を担ぎ、盛大に行う。今回はニューヨークのチャイナタウンで見つけた春節をお届け。

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。