アートを見に行こう

Gillian Wearing: Wearing Masks③

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


見知らぬ人に声を掛け、彼らに今思っていることを紙に書くように指示し、それを手にした姿を撮影させてもらう。「誰かがあなたに言わせたがっていることじゃなくて、あなたが彼らに言わせてみたいことのサイン」シリーズには、苦虫を噛み潰した表情の警官が「HELP」と書いた紙を持ち、スーツをキメてほほえむサラリーマンが「DESPERATE(絶望的)」の文字を掲げる。

服装や身なりと、書かれた文字とのギャップに、思わず見入ってしまうこの作品。人物が文字と写されることで、私たちが普段どれほど「人を見た目で判断しているか」を痛感させられる。

またウェアリングは多くの作品で、シリコン製の仮面を自ら着用し、自分の家族や著名なアーティスト、若かりし頃の自分と年老いた自分など、さまざまな姿に変身する。仮面を付けて違う自分になりきることで、いかに自分が「周囲からどう見られているか」を意識して生活しているかについて考えさせられるという。

自分をよく見せたい、よく見せないといけない、そんな気持ちを助長させるSNSの時代。この展示を通じて、他人に対する偏見や、他人の目に対する自意識について、一度立ち止まって考えてみてはどうだろうか。

 

グッゲンハイム美術館 

1071 5th Ave.
(bet. 88th & 89th Sts.)
guggenheim.org
【会期】11月5日(金)〜2022年4月4日(月)
※毎週火・水曜日休館

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。