アートを見に行こう

Gillian Wearing: Diane Arbus①

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


セントラルパークの入り口に先日、新しいブロンズ像が現れた。首から二眼レフカメラを提げ、まっすぐ前を向いている女性。台座はなく、靴だけが白くて今にも動き出しそうだ。足元のブロンズ板には「ダイアン・アーバス」と書かれている。

彼女は1923年生まれの、ニューヨーク出身の写真家。ファッションの仕事をしながら、両性具有者、身体障害者、双子、小人など、フリークスと呼ばれた人々を撮影した。うつ病を患い48歳で自殺した彼女の写真は死後、世界中で回顧展が開かれ、大いに評価された。

10年前にロンドンのテートモダンで展示されていた、彼女の写真を初めて見た時の衝撃が、いまだに忘れられない。被写体がカメラに向けるまなざしは冷たくどこか寂しくて、不安をあおるものばかりだった。

写真家として世界的に有名な彼女だが、ブロンズ像のイメージといえば政治家や運動家が思い浮かぶ。なぜ今、ダイアンの彫像なのか。次回は、像の作者で英国出身のアーティスト、ジリアン・ウェアリングの回顧展が開催中の、グッゲンハイム美術館でその真相を探る。

 

ジリアン・ウェアリング: ダイアン・アーバス

Doris C. Freedman Plaza, Central Park
(60th St. at 5th Ave.)
publicartfund.org
【会期】10月20日(水)〜2022年8月14日(日)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。