アートを見に行こう

Photoville ②

編集部員がアートを巡る連載エッセイです。

編集部員A

■外国語学部を卒業し、写真専門学校へ。某新聞社系出版社の写真部を経て、フリーランスのカメラマン兼ライターに。現在、弊紙編集部で書いて撮って編集を担当。趣味は映画と犬の散歩。食べること、飲むことが大好き。


写真と対峙した瞬間、思わず涙があふれた。こういう時は変な人だと思われないように、いったんその場を離れることにしている。この日は目の前がイーストリバーでよかった。

 

デビン・アレンの写真展「Beautiful Ghetto」は「ゲットー」というレッテルを貼られた地元、ボルチモアの街を写している。レンズ越しに向けられる真っ直ぐな眼差し、街の人々への情愛。写真に収めないといけないという切実さに、心動かされたのかもしれない。

ボルチモアでは2015年に大規模な暴動が起こった。ナイフ所持を理由に逮捕されたアフリカ系アメリカ人男性のフレディー・グレイさんが、勾留中に警官から暴行を受け、1週間後に死亡した。この事件を巡り抗議デモや暴動が勃発。現場にこの作者もいたという。

背景を知らなくても、心を動かすことができるのが写真だ。文字なんかよりもはるかに雄弁で、頭より先に、感情に訴える力強さを持つ。こんなことを考えさせられる展示を見たのは久しぶりかもしれない。インスタばかり見てちゃダメだなあ。日々精進しようと、改めて。

 

フォトビル

20 Jay St. #207, Brooklyn, NY 11201
ブルックリン・ブリッジ・パークをメイン会場に、ニューヨーク全5地区、75カ所で開催。
TEL: 718-801-8099/photoville.com
【会期】〜12月1日(水)
【入場料】無料

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。