最近のオンラインカジノ事情

ここ数年で世界中で人気を集めているオンラインギャンブル。日本でもオンラインカジノの利用者が急増しており、自宅で気軽に楽しめるエンターテインメントとして需要が高まっています。

では、なぜここ数年でオンラインカジノの人気が上昇しているのでしょうか?

また、アメリカでオンラインカジノはどのような扱いになるのでしょうか?

この記事では、近年のオンラインカジノ事情を解説していきます。

アメリカでのオンラインカジノ

アメリカではギャンブルが合法かどうかは州によって異なります。ラスベガスのようにカジノが法律で認められている州もあれば、一切のギャンブルが禁止されているという場合もあります。そのため、アメリカからオンラインカジノをプレイしたい場合は、どの州からアクセスするかがポイントとなります。

ニューヨーク州に関しては、現在オンラインカジノは法律で認められていません。しかし、少しずつギャンブルに対する考えが寛容になりつつあり、合法化が進められています。

昨年2020年11月、ニューヨーク州のクオモ知事は新型コルナウィルスのパンデミックによる州の財政悪化を改善するために、オンラインのスポーツ賭博を合法化することを発表しました。というのも、オンラインのスポーツ賭博からは多くの収益を得られる見込みがあり、税収確保につながるからです。実際にニューヨーク州政府は同州でのオンラインのスポーツ賭博が年間5億ドルもの税収をもたらすと推計しています。そして、現在ではスポーツ賭博は合法ギャンブルとしてニューヨークで楽しまれています。

このようにニューヨークではギャンブルが受け入れられつつあります。そのため、今後オンラインカジノがニューヨークにて合法となる日もそう遠くはないでしょう。

 

オンラインカジノの人気の理由

では、なぜここ数年でオンラインカジノの人気が上昇しているのでしょうか。ここではその理由を解説していきます。

いつでもどこでも楽しめる

オンラインカジノの一番の人気の理由は場所を選ばずに、いつでもどこでも楽しめるということでしょう。オンラインカジノはパソコンさえあれば、自宅からいつでもギャンブルをすることができます。

また、最近のオンラインカジノはスマートフォンにも対応しているので、外出先からも利用できるようになっています。

昨今の新型コロナウィルスの流行により、従来のようにランドカジノが利用できなくなってしまいました。そのため、ランドカジノ利用者がオンラインカジノに流れたというのが、近年のユーザー数の増加につながっています。

ライブカジノゲームがプレイできる

オンラインカジノの中でも人気を集めているのがライブカジノゲームです。ライブカジノゲームとはゲームスタジオと生中継をして実在するディーラーを相手にプレイすることができるゲームのことを指します。

このライブカジノゲームではより本格的なカジノ体験が楽しめると人気を集めているのです。

日本にいるとなかなか本場のカジノへ行くことができません。しかし、このライブカジノゲームを利用することで、まるで本当にカジノにいるような感覚を体験することができるのです。

還元率が高い

オンラインカジノの魅力の1つが、還元率が高いということです。オンラインカジノの還元率は90%を超えており、宝くじや競馬、ランドカジノなど、他のギャンブルと比較して圧倒的に稼ぎやすくなります。

これには、オンラインカジノは人件費や設備費などがかからないので、その分プレイヤーに還元することができる、という理由が挙げられます。

オンラインカジノでは比較的稼ぎやすいため、ギャンブラーの間で人気を集めるようになっているのです。

オペレーター数の増加

ここ数年のオンラインカジノの人気の高まりにより、オンラインカジノのオペレーター数も急増しています。

オンラインカジノはヨーロッパを中心に展開されているサービスですが、最近では多くのオペレーターが日本マーケット、アメリカマーケットに進出しています。

そして、日本語サイトを立ち上げたり、日本語対応のカスタマーサポートを設置したりなど、その国に合ったサービスを展開するようになっています。これによりユーザビリティーが大きく改善され、世界中に国で受け入れられるようになっているのです。

今後もオンラインカジノ人気は続く

オンラインカジノ人気はまだ始まったばかりで、今後ますます勢いを見せることでしょう。アメリカではオンラインギャンブルの合法化がすすんでいるため、今後ニューヨークでも自由にオンラインカジノが楽しめる日もそう遠くないでしょう。

提供:  Casumo

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。