「旅行に行きたい!でも色々心配!」 日経旅行会社が教える夏遊びのコツ

〈編集注〉掲載内容は7月6日現在のものであり、規定や対策は変更の恐れがあります。


「近場でもバケーションは実現可能です!」

新型コロナウイルスの感染が拡大している特定の地域から、ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの3州に入る(戻る)際、14日間の自主隔離が必要です。せっかくなので、今年はトライステート内で夏を満喫しませんか?

自家用車またはレンタカーでの移動なら、外との接触を最低限に控えることができそうです。人混みを避けたい今、行き先としてオススメの観光地は、ニュージャージー州の美しい海辺街ケープメイ。かわいらしいお店の並ぶ、穏やかな地域です。リゾート気分を味わうなら、ニューヨーク州のハンプトンズも根強い人気を誇ります! ホテルやレストランが多くある地域なので、滞在が何かと便利なのもポイント。

あるいは、緑の多い州立公園やキャンプ場などにキャンピングカーで行くのも、ちょっとした非日常体験になりそうです。

 

ニュージャージー州のケープメイで一息

 

北村早紀さん

 

アムネットニューヨーク
amnet-usa.com


「安全な旅行ツアーで違出しましょう!」

感染リスクを減らす方法に悩んでいる人も多いのでは? 意外かもしれませんが、飛行機を使った旅行もオススメです。空港や飛行機内では衛生管理が徹底されており、メジャーな航空会社なら、機内に病院の集中治療室並みの空気循環システムを搭載。経由地を最低限に抑えれば、旅に出やすくなります。

大人気のイエローストーン国立公園は大型観光バスの乗り入れが禁止され、例年より落ち着いて観光できます。モンタナ州のボウズマン空港利用なら、14日間の自粛対象にもなりません。比較的感染者の少ないアラスカ州の、デナリ国立公園もオススメです。

イレギュラーな事態が続く現在は、多少値が張るとしても、移動・宿泊・観光の手配を一括できる観光ツアーに入るのが得策です。やはり日系のツアー催行会社は神経質に対策を講じてくれていて、安心ですよ。

 

アラスカ州のデナリ国立公園は夏がシーズン

 

谷幸子さん

 

IACEトラベル
iace-usa.com


番外編
オンラインで旅行体験!?
エイチ・アイ・エスの新企画レポ

4月から、「#ふたたび美しい世界へ」を展開中のエイチ・アイ・エス。家にいながら世界各地を「行った気になる」というセミナーシリーズだ。その実態を知るべく、編集部が「企画担当者が語る カリフォルニア3都市の魅力」というZOOMセミナーに潜入してみた。ちなみに参加料は10ドル(定額プランあり)。

こちらのセミナーは、ロサンゼルス、サンディエゴ、サンフランシスコの3都市での支店勤務を経験している同社の小松健一郎さんが、ビデオと写真を駆使してオススメの観光スポットを紹介する。「西海岸最古のホテル『ホテル・デル・コロナド』は泊まらなくても行く価値があります!」「ハリウッドサインの撮影に良いスポットは…」など、現地人だからこそ知りうる見どころや小ネタをシェア。参加者も「気温は?」「入場料は?」と、今にもホテルを手配しそうな勢いで質問を投げる。

構成から台本作成、リハーサルまで、小松さんが全部自分でこなしているそうで、「正直大変ですが、やりがいがあって楽しい」とのこと。各観光地と絡めた料理教室や英語講座などもあり、全セミナー制覇者もいるんだとか!

 

サルベーションマウンテンのツアーを始めた日系旅行会社は、エイチ・アイ・エスなのだそう

 

他のセミナーについてアピール中

 

小松健一郎さん

 

his-usa.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。