特別インタビュー:マン・ウィズ・ア・ミッション

現在の日本の音楽シーンで絶対的な人気と存在感を放つ、頭はオオカミ、体はヒトの5人組が、今月16日に2回目のニューヨーク公演を敢行。ギターボーカルのジャン・ケン・ジョニーさんは、異国でのパフォーマンスに何を思ったのか?(編集注=究極生命体の言語を再現するため、本人の発言はカタカナで記載しています)



NYを沸かせた「究極生命体」
自身2度目の北米ツアーを敢行

公式ウェブサイトの説明によると、マン・ウィズ・ア・ミッション(以下、MWAM)は19XX年に、狂気の天才科学者ジミー・ヘンドリクスが生み出した「究極生命体」。後に博士が冷凍封印したものの、温暖化が原因で2010年に封印が解け、再びこの地上に解き放たれた。

これだけ聞くと、一体何のコミックバンドの話かと思われそうだが、彼らは大真面目にロックミュージックの王道を行っている。力強いビートと、日英織り交ぜた歌声が、聞けばどこかに走り出したくなるような、自分の思いを叫びたくなるような、そんな荒々しい衝動を、観客の心に叩きつける。


ロックの魔法を現代に

今回のツアーで引っ提げたのは、自身の通算5枚目のアルバム「チェーシング・ザ・ホライゾン」。音楽制作の根底にあったのは、ロックミュージックへの憧憬(どうけい)だ。

「僕ラニトッテ、『ロック』ハ、何デモデキル、魔法ノジャンル。世界中ノ心ヲ離サナイ、巨大ナジャンル『ダッタ』ンデス」とジョニーさん。しかし同時に、昨今のビルボードランキングを騒がせるポップミュージックと比較すると、今のロックは「元気がない」ように感じていたそうだ。

「僕ラハ、イマダ、ロックノ魔法ガ解ケタトハ思ッテナイ。デハ、僕ラガ鳴ラス『ロック』ハ、ドウヤッタラ、モウ一度、世界中ノ人々ノ心ニ届クノカ。自分タチノ心ヲ震ワセルノカ。ソウ思イナガラ作ッタ1枚デス」

ゴールの見えない、まさに地平線を追いかけるような気持ちを胸に、海を越えて北米にやってきた。

 

気さくに取材に応じてくれた、ギターボーカルのジャン・ケン・ジョニーさん

 

異国の地のケミストリー

MWAMを知らないアメリカの人々のリアクションは、非常に肯定的だと、ジョニーさんは言う。

「外見ガ普通ノ『バンド』トハ違ウカラ、笑ッテクレル(笑)。『コイツラ、メチャメチャ面白イジャナイカ』ト、興味ヲ持ッテクレマスネ」

そしてそれ以上に、ずっと応援している現地ファンの熱量はすさまじい。初訪問のテキサス州ダラスやメキシコでバンドを待っていたのは、観客からの「圧倒的な期待」。生演奏を待ち焦がれた観客の歓声で、演奏がかき消されたほどだ。

「今ノ時代ハ『ネット』デ検索デキルカラ、海外ノファンモ、スゴク想像力ヲ掻キ立テラレテイルト思ウ。ソレデ実際ニ、目ノ前デ僕ラガ演奏スルト、ソウイウ反応ニナルノカナ。現代ナラデハト言イマスカ。ウレシイデスネ」

地元プロモーターからは、「日本から来たどのアーティストより、観客との『ケミストリー』が生まれていた」と賞賛されたそうだ。2度目の公演だったニューヨークでも、バンドと一体となった観客の歓声が、その人気を裏付けていた。

 

オオカミ・イン・NY

前回のツアーは5年前、ニューヨークを皮切りに行われたが、今回はニューヨークがツアーの折り返し地点となった。5年前よりも滞在時間が長く取れたそうで、バンドの5人はセントラルパークでドラマ『フレンズ』のロケ地の噴水を見に行ったりと、思ったよりも普通にニューヨークを満喫。

街の様子を、ジョニーさんは、「相変ワラズ、エネルギッシュ。同ジ大都会デモ、東京トハダイブ質ガ違イマス」と話す。

「『アグレッシブ』ナ『バイブス』ヲ感ジマス。色ンナ人種ノ人ガ、当タリ前ノヨウニ自分タチノ言葉デ話シテイルノヲ見ルト、『(自分モ)コノ街デナニカ、ヤッテヤロウ』トイウ雰囲気ニ、ナリマスネ」

ジョニーさんはさらに「コノ外見ガ、案外『ナジム』街カモ」とニヤリ。これは3度目のニューヨーク公演が行われるのも、そう遠い未来ではなさそうだ。

(取材・文/南あや)

 

写真=酒井ダイスケ


【ニューヨーク公演を終えて一言】

5年ブリノニューヨークナノニ満員ノ会場ニ、感謝シカナイ。最高デシタ。
初見ノ方々モ多カッタノニ、ズット待ッテイテクレタノカ、熱気ト反応ガ半端ジャナカッタ。
Thanks so much New York! トニカク次ハ、モットスグニ戻リタイト思イマス! See you guyz again soon!

 

MAN WITH A MISSION

Tokyo Tanaka(ボーカル)、Spear Rib(ドラム)、Jean-Ken Johnny(ギターボーカル、ラップ)、
Kamikaze Boy(ベース)、DJ Santa MonicaDJ、サンプリング)の5人組。
2012年にシングル「
distance」でメジャーデビュー。
昨年6月に通算5枚目のアルバム「
Chasing the Horizon」、今年6月にシングル「Remember Me」を発売。mwamjapan.info

 

 

関連記事

辻暢子さん

    辻暢子さん 職業: 主婦 撮影場所: セントラルパーク 豊かな自然に囲ま

NYジャピオン 最新号

Vol.1044

文化震源地サウスブロンクス

ブロンクスで用事があるのは、ヤンキースタジアムだけ・・・なんて思い込んでいる読者も多いのでは?実はマンハッタンにも近いサウスブロンクスは、最先端のアートやカルチャーを発信している。今号はニューヨーク生活で一度は行っておきたい同エリアを紹介。(取材・文/キム・クンミ)

Vol.1043

はじめての
ターキー物語。

感謝祭まであと少し。今回は料理研究家、ネイチャーマン初音先生によるターキー(七面鳥)の伝統料理と簡単バージョンを紹介する。

 

Vol.1042

今日からとり入れる
秋冬おしゃれのミニヒント

季節の変わり目に合わせて、外見もアップデートしよう!今号は、ジャピオンにゆかりのあるオシャレのプロたちに、秋冬を楽しむちょっとしたコツを聞いた。