巻頭特集

毎日の健康習慣 ポジティブなボディーを維持しよう

1月は何か新しいことを始めるにふさわしいタイミング!クリスマスや忘年会、お正月などご馳走を食べる機会が続くホリデーシーズンについ食べ過ぎ&飲み過ぎて体重が増加してまった…という人も少なくないでしょう。そこで今回は今年から定期的に運動を始めて健康的な体作りをしたい人必見のエクササイズを特集。(文・取材/伏見真理子)


自分らしくエクササイズをしたい人に!

さままざなプログラムを導入した最新のスポーツジムがある中でも、注目したいのが完全マンツーマンで指導を行うパーソナルトレーニング。トレーニング指導だけでなく食事管理やオンライン相談などサービスの幅が広いのも魅力だ。

パーソナルトレーニングの最大のメリットは、自分の目的に合った最適なトレーニングが行えること。

体力や体型、目標、トレーニング経験などをもとに、トレーナーが個人に合ったエクササイズを選択し、指導するため、効率よく健康的な体作りができる。今回は、メトロポリタン・オペラカンパニーにダンサーとして所属し、またパーソナルトレーナーとしても活躍している菊池健太郎さんに話を聞いた。

─パーソナルトレーナーになられた経緯は?

私は学生時代に体操選手として大会に出場していました。順天堂大学生時代はジュニアチームを育てるために指導も行っており、その頃から指導者としての興味を持ち始めました。きっかけは、大学卒業後にプロのダンサーになる夢を追いかけて来米したことです。ダンサーとして活動しつつ、副業としてパーソナルトレーナーの仕事を始めました。その後、ご縁があって某パーソナルトレーニングジムのマネージャーを経験し、現在は自分で会社を経営しながら、ダンサーの仕事とトレーナーの仕事の両立を楽しんでいます。

─トレーニングの内容は?

初回は通常よりも少し多めに時間を設定して、普段の食生活や理想の体型、3カ月後、半年後にはどんな状態になりたいかなどヒアリングをしっかり行います。「お腹周りの贅肉をとりたい」や「足のラインをすっきりさせたい」など人それぞれ求める内容は違いますので、その人にあったメニューを提供します。場所はクライアントが指定するジムやご自宅、会社、公園などです。

─どのようなことに気をつけられていますか?

クライアントの中には仕事終わりで疲労が溜まっていたり、気分があまりのっていない方もいます。ですが、1時間のトレーニングが終わったら「楽しかった」「やってよかった」と感じていただけることを目指しています。厳しくするだけでなく、しっかりクライアントのその日の体調や気分を加味して無理なく気持ちよく取り組んでいただけるよう心がけています。

─トレーニングで一番肝心なことは?

フォーム(姿勢)が一番肝心です。正しい姿勢でトレーニングしないと膝や腰、背中などを痛めてしまうリスクがあります。また、運動する姿勢によって筋肉のつき方が変わります。特に私はクラシックバレエなど綺麗な体作りを中心にしているので、しっかり時間をかけて美しい姿勢を指導します。

─おすすめのエクササイズを一つ選ぶとするなら?

スクワットをおすすめします。スクワットは種類も豊富ですが、道具を使用せず普通にできるもので結構です。全身を使うのでそれなりにカロリー消費もありますし大きな筋肉を使うので効果的です。しっかりお尻をくの字に突き出したフォームでやるといいですよ。お尻やハムストリングス、内転筋、ふくらはぎ、お腹周り、腰回りに効いてきます。そして心臓のエクササイズにもなります。理想は20〜30回3〜5セットで、片足で10回2セットできたらいいですね。それと、硬すぎない筋肉の状態をキープすることも大切なので、運動後はセルフマッサージも忘れないでください。あとはしっかりお砂糖を控えましょう!

菊池健太郎さん

東京都出身。順天堂大学(スポーツ健康科学部スポーツ科学科)卒業。元ジムナスティック・エアロビック世界大会日本代表選手。現在はメトロポリタン・オペラ所属、シルク・ド・ソレイユ登録ダンサーとして活躍する傍ら、出張型パーソナルトレーニング「Re:VORN」の代表兼トレーナー。

Re:VORN

完全出張型のパーソナルトレーナー。女性トレーナーも在籍しているため女性特有の身体や骨格の悩みに寄り添いながら丁寧にトレーニング指導も行っている。

revorn8.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。