編集部スペシャルレポート

ニューヨーク・ジャパン・シネフェスト2023

ニューヨーク・ジャパン・シネフェスト2023

4年ぶりとなるアジア・ソサエティーでの開催 京都の書道家による大胆なパフォーマンスも


主催者の河野洋さん

日本をテーマにインディペンデントの短編映画を米国で紹介する、ニューヨーク・ジャパン・シネフェスト(以下NYJCF)が、今年は11月3日(金)と4日(土)の2日間にわたりアジア・ソサエティーで開催された。

今年で12年目を迎えるNYJCFは、新型コロナウイルスの影響で近年はオンラインで行っていたが、今年はホームとなるアジア・ソサエティーに4年振りに戻ってきての開催となった。

書道家の新見知史さんが来場者の名前を書くプレゼント企画も行われた

初日は、日本独特のサウナ文化をユーモアたっぷりに描いたコメディードラマ『ネッパ』や、現代に暮らす女子大学生が江戸時代にタイムスリップして循環型社会を体験する短編ドキュメンタリー『The Floating World』、芥川龍之介の短編小説『鼻』を原案にした『半透明なふたり』、京都を拠点に活動する書道家の新見知史さんの活動を追った短編ドキュメンタリー『守破離』などドキュメンタリーやコメディー、ドラマ、アニメーションなど合計7本の短編映画が上映された。笑いあり涙ありのオムニバス・スクリーニングに来場客は思い思いに楽しんでいた。

また、会場では初日に『守破離』の新見知史さんによる来場者の名前を筆で書くプレゼント企画、2日目には大きな筆を使っての書道パフォーマンスも特別に披露された。

2日目は書道家の新見知史さんによるパフォーマンスが披露された

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。