注目トピックス

「MiMAKiの梅干し」 じっくり漬け込まれた上品な 味わいがクセになる逸品

日本で今注目を集めているMiMAKiの梅干しが遂にニューヨークでも味わえる。「一日一善、一日一粒。」がコンセプトの同梅干しは、梅干しの中でも最高品種である和歌山県の紀州南高梅を使用している。

種類は昆布、紫蘇、蜂蜜の三つのフレーバーが揃い、どれも粒は大きくて柔らかく、リッチでジューシーな味わいだ。風味豊かな昆布は、料理の隠し味としても活躍し、どこか懐かしい紫蘇はしっかりとしたすっぱさが特徴でおにぎりやお弁当に最適と評判が高い。

蜂蜜は塩気がなくジュワっと広がる甘みで、お茶漬けに入れたり、お料理のアクセントとしても幅広く使用できそうだ。おしゃれなラベルに瓶詰めされた梅干しはギフトにもおすすめ。

梅干しは、クエン酸やリンゴ酸、良好な腸内環境を保つ植物性乳酸菌が多く含まれ、疲労回復や殺菌効果が期待できることから、古来から健康⻝品として人々の生活に取り入れられてきた。また、「梅はその日の難逃れ」という言い伝えがあり、朝⻝べるとその日一日健康に災いから逃れられると考えられ、先人たちは験担ぎとしても梅干しを持ち歩いていたと言われている。

〈取り扱い店舗〉

●MOGMOG

TEL: 516-303-9183/5-35 51st Ave., Queens, NY 11101

●Anzu New York(オンライン)

anzunewyork.com


MiMAKi

mimaki-ume.jp

Instagram: @mimaki_umeboshi_usa

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。