編集部スペシャルレポート

鳥取県の平井知事がニューヨークで同県の魅力をPR

(左から)森総領事大使、県職員の若松玲奈さん、サケマン・ブルーさん、平井知事

先月20日、ニューヨークの日本国総領事公邸で鳥取県産の食材や観光資源などの魅力をPRするイベント「食パラダイス鳥取県 in NY」が行われ、地元メディアや観光事業者など約80人が参加した。同イベントには、鳥取県の平井知事が出席し、鳥取の食の豊かさや温泉、観光の魅力について英語でスピーチした。

日本海に面し海と山に囲まれた雄大な自然と豊富な食材が楽しめることが魅力の同県の境漁港にはマグロ、松葉ガニ、アジ、イワシ、サンマ、スルメイカなど多種多様な魚が水揚げされており、過去1992年からは5年連続日本一の水揚げを記録している。

同県の伝統工芸品、因州和紙や竹細工、食器なども展示された

同イベントの銘酒・名産ブースでは県産の日本酒なども提供された。水の優しさが特徴的な純米吟醸酒の「満天星」や、華やかな香りになめらかな味と酸味が広がる「千夜むすび」などが並んだ。また、有名バーテンダーによる「強力 純米吟醸」やウイスキー「倉吉」をベースにした特製カクテルなども振る舞われた。

他には、ミシュラン店「Sushi Inoue」のシェフが県産のお米「星空舞」と県産のアジやサーモンで握った寿司を振る舞うなど鳥取の食文化をアピール。試食した参加者はその美味しさに大満足の様子だった。さらに、VR(仮想現実)を活用し、県内の自然資源や体験プログラムなどの魅力を紹介した観光プレゼンテーションが行われ臨場感溢れる映像を楽しむ参加者もいた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。