巻頭特集

お洒落を楽しむ秋 ニューヨークのメンズファッション

秋の気配が漂ってきた今日この頃、ワードローブも夏物から秋物へと入れ替える時期。本号ではニューヨークのメンズファッション情報を紹介。季節の変わり目のお買い物に役に立つトレンドや最旬メンズブランドをチェックしよう。(取材・文 / 菅 礼子)


ショップオーナーに聞く!

今秋冬の注目アイテムは?

─スタンダード&ストレンジ(以下SS)はどんなショップですか?

世界中から珍しくて希少性の高い洋服を集めたセレクトショップです。買い付けるブランドとは密な関係を築き、そのブランドをよく理解するようにしています。現在、40ブランド以上を取り扱っていて、アメカジを再構築した感じのブランドが多く、タイムレスで長く着ることの出来るアイテムが多いのも特徴です。また、ユニークな素材を使っている洋服も多いですね。日本の生地は世界一だと思います。

 

多くのブランドがあり、見飽きることのない店内

 

─売れ筋のブランドは?

日本のブランドですが、上質なミリタリーウエアを提案する「ザ・リアルマッコイズ」やロサンゼルス発米国メイドの「フリーノート・クローズ」、日本のミリタリーやデニムを扱う「オアスロー」、カリフォルニアのブーツメーカー「ジョン・ロフグレン」も人気です。

─今秋のトレンドは?

長らくスニーカーがトレンドでしたが、作りのいいブーツが戻ってきています。エンジニアブーツやレースアップのブーツが気になります。あとは綺麗めに履ける生デニム。ウエスタンシャツなどを都会的に着こなすアーバンカウボーイスタイルもトレンドになるでしょう。タフな男性像だけれどもタフになりすぎない都会的な要素を取り入れるのがポイントです。

マストアイテムのブーツ

 

─買うべきアイテムは?

先に挙げたウエスタンシャツ、ローデニム、ブーツはマスト。デニムは14〜16オンスのものでストレートのシルエットが気分です。アーバンカウボーイのスタイルはアメカジにひねりを加えた感じなので、既に持っているアイテムとの相性もいいと思います。上質なスエードのアウターもオススメです。

 

オーナーのニールさん。オークランドとサンタフェにも「スタンダード&ストレンジ」の店舗を持つ

Standard & Strange

238 Mulberry St./TEL: 212-518-3364

standardandstrange.com


〜ビンテージアレンジ〜

Bode

 

ローワーイーストサイド地区にショップを構える。ビンテージをアレンジしたオリジナリティーに溢れるアイテムが多い。素材も風合いのあるものや珍しいパターン使いのものも多く、一枚でスタイリングの主役になれる商品が多いのも特徴。メンズ、ウィメンズ共に取り扱いがある。

58 Hester St. /Tel: 929-810-7609

bode.com


〜アメリカンプレップ〜

J.Crew Men’s Shop

 

「ノア」のデザイナー、ブレンドン・バベンジンをクリエイティブ・ディレクターに迎えてからぐっとお洒落になった「J.クルー」のメンズライン。ソーホー地区にあるお店は一階がカジュアル、地下にスーツを取り扱う。洋服だけでなく、コスメや石鹸など、ライフスタイルを統括するショップとなっている。

484 Broadway. /Tel: 212-343-1227

jcrew.com/mens


〜無骨なデニム〜

3 Siteen

 

ソーホー地区とロサンゼルスにショップを構えるデニムブランド。2008年に最初のモデルを発表した岡山産のセルビッチデニムは作りもよく、人気のアイテム。履き古すごとに味の出る育てがいのあるデニムだ。無骨なシャツ、ジャケット、アクセサリーもデニムとの相性が考えられている。

190 Elizabeth St. /Tel: 212-300-5394

3sixteen.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。