NYで開催される競馬イベント「ベルモントステークスフェスティバル」とは?

*本記事は90 Digital社によって提供されています。


ニューヨークで6月に開催されるベルモントステークスフェスティバル。かなりの歴史を持ち、毎年盛り上がりを拡大していますが、2023年はどのような点に注目するべきでしょうか?その魅力を詳しく深掘りしていきます。

ベルモントステークスフェスティバルとは?

ベルモントステークスフェスティバルは、毎年6月にニューヨーク市郊外のベルモントパーク競馬場で開催される祭典です。会場に入ったことがない方も、最近ではオンラインで競馬オッズをチェックしてベッティングできるブックメーカーも増えているので、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。エンターテイメントが盛りだくさんのこのフェスティバルでは、競馬三冠の最終戦となる第155回ベルモントステークス(NYRA Bets提供)がクライマックスイベントとして開催されます。このレースはG1カテゴリに属し、優勝賞金は150万ドルと言われています。2023年は6月8日(木)から10日(土)までの3日間、世界最高水準のレースとエンターテイメントを楽しむことができます。

競馬以外にも、国際大会で実績を残しているパフォーマーによる屋外プログラムや、一流バンドによる特別コンサートなどが催されます。

ベルモントステークスは、1867年にジェロームパーク競馬場で始まり、1905年に現在のベルモントパークに移りました。それ以来、アメリカの伝統的なレースとして定着しています。1973年にセクレタリアトが31馬身差で圧勝した歴史的なレースを皮切りに、2015年にはアメリカンファラオが37年間の三冠馬不在を解消するなど、スポーツ史に残る興奮の瞬間をファンに提供してきました。2023年は、セクレタリアトの三冠達成からちょうど50周年にあたるため、より一層の盛り上がりが期待できます。

ベルモントステークスフェスティバルの楽しみ方

2023年のベルモントステークスレーシングフェスティバルのチケットは、2月9日(木)東部時間午前10時からチケットマスターで販売開始されています。

ベルモントステークスのレースフェスティバルは、6月8日(木)の2つのステークスで始まります。芝のコースを約1.81km走行する2歳牝馬のためのG2レース、約1.2km疾走する2歳牝馬のためのリステッド15万ドルのジャージガールです。

6月9日(金)には、60万ドルのニューヨーク賞、50万ドルのジャストアゲーム賞、50万ドルのエイコーン賞の3つのG1レースが行われます。ジャスト・ア・ゲームとエイコーンは、これまでベルモント・ステークス・デーに出走していましたが、ベルモント・ステークス競馬祭の2日目に変更されました。さらに、6月9日のプログラムには、G2・25万ドルのベルモントゴールドカップと、G3、20万ドルのインターコンチネンタルが含まれる予定です。

6月10日のベルモント・ステークス・デーは、約2.4kmの「テスト・オブ・ザ・チャンピオン」で幕を閉じ、ブリーダーズ・カップの「Win And You’re In」の予選が3つ行われるなど盛りだくさんです。

当日会場に行かなくても楽しむ方法

当日会場に行くことができない方も、ベルモントステークスフェスティバルを楽しむことができます。FOXスポーツは今年初めて、ベルモントステークスのライブ中継を行うので、テレビを通して競馬レースを楽しむことができます。また、Betwayなどのブックメーカー経由で競馬にベッティングすることを楽しむことができます。ベッティングのバリエーションもたくさんあるので、飽きることなく、いろんな側面からベルモントステークスフェスティバルの競馬を楽しむことができるはずです。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。